赤西仁、映画の見どころは「キアヌのセクシーな侍姿」 <『47RONIN』ワールド・プレミア>

(左から)柴咲コウ、真田広之、キアヌ・リーブス、浅野忠信、菊地凛子、カール・リンシュ監督

来日中の米俳優キアヌ・リーブスが19日、都内で行われた『47RONIN』のワールドプレミアイベントに参加した。



イベントではキアヌをはじめ、真田広之、浅野忠信、菊地凛子、柴咲コウ、赤西仁ら豪華キャスト陣が約1時間ほどかけてレッドカーペットを歩き、ファンの握手やサインなどに応じた。

レッドカーペットを歩き終えたキアヌはステージに登場すると、日本語で「サムイ」と、ひと言。その後もジャケットの胸元から取り出したメモを見ながら「私は皆さんと会えて嬉しいです。映画を観てくださいね」と日本語で挨拶し、会場を大いに湧かせた。
キアヌは「これは名誉というもの、愛というもの、また犠牲というものを語る映画です。そして人生は結局素晴らしいものだという肯定的な意味を持った映画だと思います。また人々は互いに敬意を払うべきだと教えてくれる映画です。皆さんがこの映画を観てそういうメッセージを受け取っていただければ大変嬉しい」とファンに向けて作品をアピール。
さらに、赤西が映画の見どころを「個人的にはキアヌのサムライ姿が非常にセクシーなので注目してもらいたい」と発言した際には、日本語で「ドウモ」と応じて周囲を笑わせていた。

ステージ上ではキャストたちが一人ずつ作品についてコメント。
浅野は「浅野家に憎まれる吉良(上野介)役を演じてた浅野忠信です」と冗談交じりに挨拶。「とっても悪い男の役を演じていて、みんなが僕を殺そうと必死になっています。映画を見終わった頃には僕のことを殺してもらってよかったなと、きっとみんなが笑顔を映画館を出てくれるかなと思っています」といって観客の笑いを誘った。
「いろんな意味でチャレンジングな作品で、ここにいる誰もがそれを承知で引き受けて、新しい時代を作ろうという同じゴールを目指して戦ってきました」と語る真田は、「各国のスタッフとキャストが国境を超えて一丸となって、お互いに理解をし合い、信頼し合い、ひとつの新しいものを作ろう、誰も見たことのない映画を作ろうとしたことそのものに大きな意義があったと思う」と振り返り、「それが観客の皆さんに伝わることを祈っています」とメッセージを送った。
本作で初めて悪役を演じた菊地は「すごく楽しかったです。どうしたら意地悪に見えるか浅野さんと話し合ったりしました」といい、「今日は少し好感度を上げようと思って白い衣裳を着て来ました」とニンマリ。
柴咲はキアヌとのラブシーンについて「やはり見どころになると思います。女性なら皆さんが共感できるような関係性だと思うので注目していただきたい」と話し、作品について「攻めの姿勢を見せている映画だと思います。こういった攻める映画っていうのを私達は作っていかなければいけないなっていうのが、この作品に関わって感じたところです」と思いを語った。

本作は、奪われた主君の名誉を回復するため、圧倒的な敵軍に対して、命を捨てて立ち上がる47人のRONINたちの戦いを、壮大なスケールで描いたエンターテイメント超大作。日本で最も有名な忠臣蔵のスピリットを継承しつつも、忠臣蔵とはまた違った新しいイマジネーションと撮影技術によって、想像を凌駕する“未体験”作品に仕上がっている。
映画『47RONIN』は12月6日(金)全国ロードショー。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top