NMB48、念願の紅白単独出場決定 市川美織は泉谷しげるのツッコミに「テロップ入れてください」

NMB48

12月31日に放送される第64回NHK紅白歌合戦の出場歌手が25日に発表され、NMB48の単独初出場が決定した。

記者会見に出席したNMB48の山本彩は「コント番組の収録と聞いて集合したので、さっき初出場のお話を聞いてすごく動揺しています」と戸惑いを隠しきれない様子で、「年の始めから紅白歌合戦のステージを目標にして『てっぺんとったんで』というスローガンを掲げて活動してきました」と、この1年の活動を振り返り、「ツアーの最終日にはNHKホールのステージに立たせていただいて、メンバーとファンの皆さんと“また年末にこのステージに帰ってこよう”と約束していたので、その約束が果たせて本当に嬉しいです」と喜びを噛みしめていた。
また、「私達が拠点にしている大阪は『アイドルが育たない』と言われているんですけど、そんな大阪でもしっかりとアイドルは育つんだというアピールをステージでできたらと思います」と、念願のステージに向けて意気込みを語った。

メンバーの渡辺美優紀も「今年はツアーもたくさんやらせてもらって、みんなでパフォーマンス力を高めようとやってきたので、画面でも伝わるような迫力あるパフォーマンスを披露したい」と力強くコメント。
「AKB、SKEがいる中でNMBらしさをどう出すか」と聞かれた山本は「NMBはシングルごとに組体操とか“技”を盛り込んでいるので、なにか全員でできるような見どころを作りたい。衣裳もNMB48らしい派手なものを用意できたらいいなと思います」と、期待を込めた。

会見では、同席した泉谷しげるが「NHKって意外と面白いと思う」「わがままを良く聞いてくれて、民放でできないこともやってくれる」と話し、「歌番組に出演したときに『(歌詞の)テロップは鬱陶しい。カラオケじゃないんだからやめちまえ』と言ったら聞いてくれた」というエピソードを披露。
しかし、その後でNMB48の市川美織が記者からコメントを求められた際には、その独特の口調に「おまえさ、ちゃんとしゃべれよ。おまえにはテロップ入れろ」と言って、会場を爆笑させる一幕も。
現在NMB48とAKB48を兼任する市川は「ああ〜申し訳ないです。ぜひテロップをよろしくお願いします」と恐縮しつつ、「NMBのみんなと新たなステージに立てるというのは、私にとっても大きなことですし、みんなのことを近くで見てきたのですごく嬉しく思います」と喜びを語った。

第64回NHK紅白歌合戦は12月31日(火)、19時15分から23時45分までNHK総合・ラジオ第1にて放送予定。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top