スキマスイッチ、第2回「ホノルル・レインボー駅伝2014」オフィシャル・サポーターに就任

スキマスイッチ

スキマスイッチが2014年3月8日(土)に開催される、第2回「ホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)2014」のオフィシャル・サポーターに就任することを27日、オフィシャルHP上で発表した。


また、オフィシャルイメージソングとして、11thシングルの「虹のレシピ」(2009年発売)が起用され、スペシャル・ライブがハワイの象徴でもあるダイヤモンドヘッドの麓で開催される。

ハワイ初のアマチュア参加型市民イベント「ホノルル・レインボー駅伝(EKIDEN)」は、第20回を迎える環太平洋の文化交流促進イベント「ホノルル フェスティバル」と連携し、スポーツを通じて環太平洋の国と地域の交流機会を創ることを目的として2013年3月にスタート。

イメージソングに起用された「虹のレシピ」について、スキマスイッチの大橋卓弥は「『虹のレシピ』は2008年のソロ活動後、また二人でスキマスイッチとして活動しようと思った時、最初に作ったシングルで、僕らにとってとても思い入れの深い曲です」と話し、今回のオフィシャル・サポーター就任にあたっては「ハワイは大好きな場所です。自分の好きな場所で行われる駅伝のサポーターをつとめさせていただけるという事でとても嬉しく思います。僕も普段トレーニングで走る時、音楽は欠かせないものになっています。僕らの音楽が皆さんにとってのそれになれたらとても嬉しいです」と喜びのコメント。
常田真太郎は「ハワイと日本が繋がる素敵なイベントに心が躍ります。襷をつなぐことで心も繋がる、それは例え何キロ離れていようが関係ありません。そして音楽もそんな襷のような役目を果たせると信じています。当日、皆さんの気持ちを少しでも響かせられるように、気持ちを共有出来るようにいいステージにしたいと思います」とメッセージを寄せている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top