「SPEC」ついに完結!最終章公開にSPECオールスターズ集結

2010年に連続ドラマとして放送され、その後SPドラマや映画など続編が制作され人気を博してきた「SPEC」シリーズの完結編「劇場版 SPEC〜結(クローズ)」の後編「爻ノ篇」が29日に公開初日を迎えた。


TOHOシネマズ六本木ヒルズでは29日の午前0時にあわせ、上映前に初日舞台挨拶を実施。戸田恵梨香、加瀬亮、竜雷太、有村架純神木隆之介といった、ドラマシリーズから同作を支えてきた豪華キャスト陣が揃って出席した。

舞台挨拶では、はじめに戸田、加瀬、堤幸彦監督の3人が登壇。
戸田恵梨香は長かった髪をバッサリ切り、ボブスタイルで登場。「髪の毛をバッサリ切りました、戸田恵梨香です」と挨拶すると、客席からは「かわいい!」と大きな歓声。戸田は「3年携わってきて、自分にとってすごく大切な作品がこうやって多くの皆さんに愛されていることが本当に嬉しくて幸せです」と感慨深げに語った。
瀬文焚流役の加瀬亮は「本当にとんでもない時間にお越しいただきまして、ありがとうございます」と挨拶。平日の深夜にも関わらず約700名の「SPEC」ファンで一杯となった客席を見渡し「ちょっとみんな何してる人なんだろうと正直思いますけども(笑)、本当にたくさんの方々に応援していただいて嬉しく思います」と感謝を述べた。

続いて神木隆之介、安田顕、福田沙紀、真野恵里菜の4人が登壇。
登場時には影アナでひと言喋ってから登場する、という演出だったが、神木はこの影アナで「そんなところで何してんの!楽しそうだね。僕もまざ、まぜ、っていい?」と噛んでしまい、壇上の戸田から「噛むな、噛むな」と突っ込まれる一幕も。
ステージに上がると「こんばんは!噛んですいませんでした」と、はにかみつつ挨拶を始めたが、ここでも「いよいよ『爻ノ篇』公開のこの素晴らしくて記念し、記念な、」と噛んでしまい、またもや戸田から「ねえ、大丈夫? 酔っ払ってる?」と突っ込まれ、会場の笑いを誘っていた。

その後、岡田浩暉と有村架純が登壇。最後に登場した竜雷太は花束を持って現れ、戸田と加瀬にシリーズ完結のお祝いの花束を、そして作中で不倫関係にあった有村にはピンクの薔薇を一輪プレゼントした。

長く共に演じてきた仲間の集合とあって舞台挨拶は終始和やかに進行。
最後に戸田と加瀬から「3年間支えてくださり、ありがとうございます。末永くこの作品を愛してください」とファンに向けてメッセージが送られ、イベントを終えた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top