大泉洋×松雪泰子共演のヒューマンミステリードラマがWOWOWで来年2月放送

「連続ドラマW 地の塩」

俳優の大泉洋と松雪泰子が共演する「連続ドラマW 地の塩」がWOWOWで2014年2月より放送されることがわかった。


同作は「白い巨塔」や連続ドラマW「パンドラ」シリーズの井上由美子が脚本を手がける。歴史的な大発見、そして凶悪な未解決殺人事件を絡めた新感覚ヒューマンミステリー。
大泉が今回演じるのは、勤勉で人望が厚い考古学者。そんな彼が発掘作業の中で偶然人骨を発見し、これがきっかけで社会を大きく揺るがす事件へと発展してしまう。共演には田辺誠一、田中圭、板尾創路、陣内孝則と豪華キャストが名を連ねる。

ドラマは全4話で2月16日(日)より毎週日曜夜10時放送。(第1話無料放送)

ストーリー


神村賢作(大泉洋)は、歴史を覆す大発見をした勤勉な考古学者。彼が発見した塩名遺跡は、定説では日本に人類が存在しないとされる時代のものだった。遺跡が発掘された塩名町は、過疎化が進んでいたものの、一気に観光地として活性化する。
神村のこの功績は、教科書編集者・佐久間里奈(松雪泰子)の尽力により、調査段階にもかかわらず歴史教科書にも掲載が決まる。里奈は、熱っぽく古代のロマンを語り、真摯に考古学と向き合う神村の人柄に惹かれる。文部科学省史料保存庁の次長・沢渡善三(陣内孝則)は、後輩にあたる神村の活躍を嫉妬しつつも見守っていた。
そんな中、神村が新たに着手した発掘現場から13年前に行方不明となっていた女学生の人骨が見つかり、当時事件を追っていた刑事・行永太一(田辺誠 一)は捜査を再開する。一方、教科書の印刷も刷り上がる頃、神村の学説に異論を唱える学者が里奈の元を訪れ、彼の発掘は捏造だとの話が持ち込まれる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top