紅組司会の綾瀬はるかが紅白のステージで歌声を披露!

綾瀬はるか

今年のNHK紅白歌合戦で紅組司会を務める女優の綾瀬はるかが、同番組のステージで紅白歌手と共にNHKの東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」を歌うことが決定した。

今年、大河ドラマ「八重の桜」で主人公・新島八重を演じた綾瀬は、12月4日に福島県会津若松市の鶴ヶ城で行われた新種の桜「はるか」の植樹式に参加。約10年後には開花するという桜の木に福島の復興への祈りをこめた。
さらに、綾瀬は東京電力福島第一原発の事故の影響で会津若松市に避難し、授業を続けている大熊中学校を訪ね、生徒たちとふれあった。複雑な状況の中でも力強く生きている大熊中学校の子供たちと綾瀬は、いまだに戻ることができない故郷への思いや、「夢」について語り合った。
紅白本番では、会津若松市で撮影した子供たちとのふれあいを紹介するVTRと共に、紅組・白組の垣根を越えて出場歌手が綾瀬と共に「花は咲く」を大合唱。一夜かぎりのスペシャルステージを作り上げる。

ステージで歌声を披露するのは初めてとなる綾瀬は「紅白歌合戦の舞台で歌うことは、考えるだけで緊張しますが、会津で出会った子供たちや、仮設住宅で暮らされているみなさんの顔を思い浮かべながら、復興への願いをこめて歌いたいと思います」と意気込みを語っている。

「第64回NHK紅白歌合戦」は、12月31日(火)19:15からNHK総合・ラジオ第1にて放送。
なお、12月27日(金)午前8時15分よりNHK総合「あさイチ 紅白直前スペシャル」でも、綾瀬の参加した会津若松市での植樹式や大熊中学校の生徒たちとのドキュメントを一部紹介する予定となっている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top