ポン・ジュノ×クリス・エバンス「スノーピアサー」メイキング映像解禁

『スノーピアサー』

2014年2月7日(金)に公開を迎える近未来SFエンターテインメント『スノーピアサー』の日本語字幕版メイキング映像が解禁された。

本作は再び氷河期へと突入した近未来の地球を舞台に、生き残った人類を乗せて走り続ける列車の中で起こる抗争を描く。
「アクション!」の声に導かれて映し出されるのは、最後尾車両で革命を起こし、先頭車両へと突き進もうとする主人公カーティス(クリス・エヴァンス)、その右腕として革命に情熱を燃やすエドガー(ジェイミー・ベル)らが、先頭車両の人々との戦いを始める場面だ。
そしてポン・ジュノ監督自身が、未来の“ノアの箱舟”である列車「スノーピアサー」について語り始める。メイキングは、革命の始まりを捉えながら、エヴァンスを始め、ティルダ・スウィントン、ソン・ガンホ、ジョン・ハートらの顔を映していく。

「走る列車の中で前に進んでいく話なので、観終わって自分自身を振り返るような人間的な側面がある」と監督自身が語るように、地球上で唯一生き残った人々を乗せた列車内は、まさに人間社会を凝縮した世界になっている。
また、わずかに描写される列車の疾走シーン、『ワールド・ウォーZ』のスコアを担当したマルコ・ベルトラミの印象的な音楽が重なって、かつてない映像体験を期待させるメイキング映像となっている。

「スノーピアサー」


監督:ポン・ジュノ (『殺人の追憶』、『グエムル-漢江の怪物-』、『母なる証明』)
出演:クリス・エヴァンス(『キャプテン・アメリカ』シリーズ、『アベンジャーズ』)、ソン・ガンホ(『殺人の追憶』、『グエムル-漢江の怪物-』)、ティルダ・スウィントン(『ナルニア国物語』シリーズ、『フィクサー』)、オクタヴィア・スペンサー(『ヘルプ~心がつなぐストーリー』)、ジェイミー・ベル(『ジェーン・エア』、『リトル・ダンサー』)、ユエン・ブレムナー(『トレインスポッティング』)、ジョン・ハート(『裏切りのサーカス』、『ハリー・ポッター』シリーズ)、エド・ハリス(『ヒストリー・オブ・バイオレンス』、『トゥルーマン・ショー』)
原作:「LE TRANSPERCENEIGE」 ジャン=マルク・ロシェット、ベンジャミン・ルグランド、ジャック・ロブ
脚本:ポン・ジュノ、ケリー・マスターソン(『その土曜日、7時58分』) 撮影:ホン・ギョンピョ(『ブラザーフッド』)
音楽:マルコ・ベルトラミ(『ワールド・ウォーZ』、『ターミネーター3』) VFX:エリック・ダースト(『スパイダーマン2』)
2013年/韓国、アメリカ、フランス/125分/PG12 配給:ビターズ・エンド、KADOKAWA
©2013 SNOWPIERCER LTD.CO. ALL RIGHTS RESERVED
2014年2月7日(金)、TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top