MISIA、来年2月発売の新曲がTBS 日曜劇場「S -最後の警官-」主題歌に

misia2014最新A写

MISIAの最新曲「僕はペガサス 君はポラリス」が2014年1月12日(日)放送スタートのTBS日曜劇場「S -最後の警官-」の主題歌に決定した。



TBS日曜劇場×MISIAのタッグは大ヒットドラマ「JIN」主題歌の「逢いたくていま」以来、約4年ぶり。

ドラマは、「海猿」や「DOG POLICE」を手がけた小森陽一の人気漫画が原作。「捜査権を持つ特殊部隊」という設定に、警察ドラマに根ざしている生と死、正義とは何かといったテーマ性、警察庁特殊急襲捜査班のチームワークとキャラクター豊かな群像劇のおもしろさ、捜査権を持った特殊部隊だからこそできる新しい切り口のサスペンス感あふれる謎解きミステリーや、事件解決のカタルシスの高さ、特殊部隊ゆえビジュアル的にも魅力的なクールさ、スケール感を持ったストーリー展開、大人から子供まで楽しめるエンターテインメントとなる要素と設定を数多く含んでいる。

主演は、数多くのドラマで主役を演じ、女性からの支持率の高い向井理。そして向井のライバル役を綾野剛が演じる。
主題歌に決定した「僕はペガサス 君はポラリス」は、情緒的なメロディがドラマの世界観を更に盛り上げ、MISIAの力強い歌声とメッセージが、心を震わせる美しいバラードとなっている。

MISIAはドラマの台本を読み、「本当の強さとは何だろう」と考えたと話す。そして「その時、その人の心の中にぶれない願いと深い愛があることが強さに通じるのではないかと想い、この歌詞を書きました」と説明。「向井さん演じる一號や綾野さん演じる蘇我伊織、そして吹石さん演じる棟方ゆづる、それぞれの強さや、願い、そして守りたいと願っているものに通じていくと嬉しいです。」と、ドラマに期待を寄せている。

TBS韓プロデューサは、「聴く人の心の奥にまで届くMISIAさんの歌で、“命をかけて命を守る”熱いドラマのラストを包み込んで欲しいとお願いしました」と、オファーの経緯を明かし、完成した楽曲について「スケールの大きな映像に負けない、これぞMISIAさんというスケールの大きな曲が届き、スタッフ一同心が震えました。一言では語りきれないドラマの世界観を、誰の心にも届く言葉に置き換えた歌詞にしてくださり、改めてMISIAさんの歌の力の偉大さを感じました」と太鼓判を押している。

MISIAのニューシングル「僕はペガサス 君はポラリス」は2014年2月5日(水)発売。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top