紅白特別企画で嵐と各界の第一人者たちとのスペシャル対談が実現

「第64回 NHK紅白歌合戦」

「歌がここにある」をテーマに掲げる第64回NHK紅白歌合戦において、白組司会・嵐と日本を代表するさまざまな分野の第一人者たちとの、歌をめぐる豪華な対談が実現した。


嵐のメンバーはそれぞれの第一人者たちと1時間に及ぶ対話を行い、各々の活躍と「歌」の関わりついて語ってもらった。大みそかのステージでは、嵐の5人がプレゼンターとしてその映像とともにそれぞれの出会いを通じて感じた思いを語る。

相葉雅紀の対談相手は今年、米大リーグ・レッドソックスでワールドシリーズ制覇に大きく貢献した投手・上原浩治。さまざまな困難を乗り越え、偉業を達成した上原を支えてきた歌について聞いた。
大野智の対談相手は、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中のJAXA宇宙飛行士・若田光一。茨城県筑波市にあるJAXA宇宙研究開発機構の筑波宇宙センターを訪ね、国際宇宙ステーションの「きぼう」日本実験棟と直接交信を行い、大野が若田飛行士に歌への思いをたずねるインタビューが実現した。
櫻井翔の対談相手は、NHKスペシャル「世界初撮影!深海の超巨大イカ」で話題となった海洋生物学者・窪寺恒己。10年以上続けてきたダイオウイカ研究にかける思い、そして窪寺の研究における知られざる歌の役割を東京・上野の国立科学博物館で聞いた。
二宮和也の対談相手は、東京オリンピック・パラリンピックが決まったIOC総会で感動的なスピーチを繰り広げたパラリンピック陸上女子、佐藤真海。彼女が選手としてパラリンピックにかける思い、そして歌について語った。
そして、松本潤の対談相手は、今年、体操の世界選手権で日本選手としては史上最年少の若さで金メダルを獲得した白井健三。横浜市にある鶴見ジュニア体操クラブで体操界の若きヒーローが歌への熱い思いを松本に語った。

宇宙飛行士の若田光一氏と対談した大野は「宇宙に滞在中の若田さんと中継を結ぶという貴重な経験をさせて頂きましたが、若田さんは、宇宙から日本を眺めると、家族や友達を思い出すとおっしゃっていていたのが印象的で、そしてそのスケールの大きさに感動しました!」と、興奮気味に語り、「若田さんが宇宙に滞在している時も、童謡の『ふるさと』をきいていると聞き、勝手に親近感がわきました(笑) テレビの前の皆さんも、紅白歌合戦で素敵な歌をたくさん聞いて、あったかい気持ちになってくれたら嬉しいです」と、コメントしている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top