AKB48、今年の紅白は“お祭り” 110人が全員異なる衣装で登場

AKB48

AKB48が29日、NHKホールで「第64回NHK紅白歌合戦」のリハーサルに臨み、報道陣の取材に応じた。

総監督の高橋みなみは「今回の(演目の)タイトルにもあるように、フェステイバルということで、とにかく盛大に“お祭り”感を出したいなと思っています」と今年の紅白に込めたテーマを説明。
「今年は『恋するフォーチュンクッキー』がたくさんの方々に踊っていただけたというのもありますし、被災地への訪問活動を通じて歌というのは人と人とを繋ぐということを感じました」と話し、「なので、今年は紅白歌合戦を通じてたくさんの世界各国の人たちに歌の力を発信できたらなと思っています」と笑顔を見せた。

注目の衣装について、指原莉乃は「初なんですけど110人全員が違う衣装を着ます」といい、出演する110人全員がそれぞれのメンバーのイメージによって決定した110の国と地域の衣装を身につけることを明かした。

今年は出演時間が遅くなり、労働基準法に従って18歳以上のメンバーのみの出演となるAKB48。毎年恒例となっていた大人数での人文字について、高橋は「人文字は卒業して、また新しいカタチでAKB48の可能性を出していけたらいいなと思っています。今回出れないメンバーの分も110人で2013年の締めくくりにふさわしいパフォーマンスをしたいと思います」と力強く語った。

「第64回 NHK紅白歌合戦」は「歌がここにある」をテーマに、NHK総合・ラジオ第1にて12月31日19時15分から23時45分まで放送(途中5分間の中断ニュースあり)。
AKB48は紅組として41番目にパフォーマンスするほか、五木ひろしとのコラボレーションなどにも登場する。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top