7cm、初のMini Albumが3,000枚売れなければ解散!?

_DSC1732

“20代最後の悪あがき”をコンセプトに活動する元SDN48のメンバー7人で結成したダンス&ヴォーカルグループ ”7cm”が12日、初のMini Albumをリリースした。


発売日当日、7cmは東京・渋谷のclubasiaでワンマンライブ「New Year’s Party 2014」を開催。同イベントではリリースの喜びを250人のファンに告げると共に、「Mini Albumを発売するにあたって、ここで皆さんにご報告したいことがあります。」と、伊東愛が切りだし、ステージのスクリーンに「緊急告知!!悪あがき企画第1弾:7cm 結成1周年を迎える5月4日までの113日間で、Mini Album “7cm”が3,000枚売れなければ解散っ!?」の文字が流れると、ファンからは一斉に驚きの声があがった。

その後のMCでリーダーのKONANは、「先日スタッフから告げられました。SDN48に次いで、また解散の危機なのかと私達も驚きました。今の私達7cmにとってこのままでは何も変わらないということで、この課題が与えられました。スタッフの皆さんと話し合った末、今では私達のためだと思って前向きに進めています。3,000人の人にこの私達の歌を届けること、そして私達の目標であるNHKホールに少しでも近づけるように、この課題をクリアして5月4日以降も笑って活動出来るように頑張りたいと思います。まだ7cmを続けたい!!」と添えた。
ファンからは「頑張れー!!応援するぞー!!」という声援の後、「7cm」コールが巻き起こり、メンバーは涙を流しながら「キラメク明日」という”全ての人にはキラメク明日が待っている!だから前を向いて歩こう”というメッセージが詰まった歌を歌った。

発表は2014年5月4日(日)、奇しくも7cm結成1周年の日に行われる。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top