レオナルド・ディカプリオ&ジョナ・ヒル緊急来日にファン1,000人出迎え

「ウルフ」空港取材1.27

「ウルフ」メイン画像米俳優のレオナルド・ディカプリオ(39)が27日、主演を務めた映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のプロモーションのため、共演のジョナ・ヒル(30)とともに来日した。


羽田空港の到着ロビーでは、女性ファンを中心に約1,000名のファンがディカプリオの到着を出迎え、ロビーに2人が姿を現した瞬間、ロビー中に歓声が沸き起こった。先日発表されたゴールデン・グローブ賞で主演男優賞を受賞したディカプリオに、ファンからは「受賞おめでとう!」の声が多くかけられ、ディカプリオとジョナ・ヒルの2人はゆっくりと丁寧にサインに応じるなど、短い時間ではあったが、ファンとの交流を楽しんだ。
『ジャンゴ 繋がれざる者』のPR以来10カ月ぶりの来日となったディカプリオは、報道陣を前に「日本に戻って来れて、非常に嬉しい」と笑顔を見せた。

2人は一足早く到着していたマーティン・スコセッシ監督と合流し、28日(火)にはジャパン・プレミア、29日(水)にはハリウッドスターとしては初となる東京証券取引所で記者会見に出席する予定。
ディカプリオは、企画・製作から完成までおよそ8年という長い年月をかけ全力で挑んだ同作を最後にしばらくの休業に入ると発表しており、日本でディカプリオの姿はしばらく見納めとなる可能性が高い。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top