SOUL’d OUTが解散を発表 ファンベスト含むラストアルバムを4月発売

SOUL'd OUT

2003年1月22日、シングル「ウェカピポ」でデビューし、以降10年以上に渡ってシーンの第一線で活動してきたSOUL’d OUTが本日30日、解散を発表した。

メンバーは公式HP上で「皆様へ大切なお知らせがあります。この度、SOUL’d OUTは、年内のニューアルバム発表後の活動をもちまして解散を決めました。」と報告。
「SOUL’d OUTに全てを注ぎ、拘ってきた11年でした。ここまで支えてくれて、SOUL’d OUTの音楽を理解し応援してくれた本当のファンのみんな、関わって下さった全てのスタッフの方々には、感謝の気持ちでいっぱいです。いつの日か、この決断が前向きだったと思えるよう、今度はそれぞれに、新たな音楽LIFEを築いていこうと心しています。」と思いの丈を綴っている。

SOUL’d OUTは4月9日に通算6枚目のアルバム『To From』のリリースも決定。
ラスト・アルバムとなる本作はオリジナルアルバムの他に、ファンの投票を受けての人気曲を収録したファンベストを加えた2枚組となる。投票は公式HP上に開設された投票ページで2月23日(日)まで受け付けている。

また、アルバムの発売に先駆け、2月12日にはラストメッセージと呼ぶに相応しい楽曲「Dear My Cru」が先行配信される。SOUL’d OUTファンのことを指して、“S.O Cru”と呼ぶが、正にメンバーからファンに伝えたいラストメッセージとなる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

Top