SUPER☆GiRLSが氷川神社で書の奉納

アイドルグループ・SUPER☆GiRLSが10日、武蔵一宮氷川神社にて、書道家の金田石城氏とともに書の奉納を行った。

今回のイベントは以前、大宮にて行われたSUPER☆GiRLSのミュージックビデオの撮影を見学した書道家の金田石城氏が、SUPER☆GiRLSのメンバーの作品に打ち込むひたむきな姿勢に感動し、“筆を手に取り書くことは自分自身と向き合う事、表現力を伸ばす事にも繋がる”として、書の奉納を一緒に行うことを提案したことから実現。
SUPER☆GiRLSのメンバーは人生初となる巫女姿に身を包み、緊張の面持ちでそれぞれ決意の言葉を書にしたためた。

前島亜美は『幸福人生』と書き、「書を奉納させて頂くという人生で二度とない貴重な経験をさせて頂き、人生のテーマを書こうと決めました。幸福の多い人生でありますように、と心を込めて書きました」と語った。荒井玲良は『本能のまま』と記し、その言葉を選ぶセンスには金田氏も感心。
書の奉納を終えたメンバーは「書の奉納を通して背筋が伸び、気持ちが研ぎ澄まされました。これから、より頑張っていこうという気持ちになりました」と決意を新たにした。

SUPER☆GiRLSは昨年12月22日にリーダーの八坂沙織が卒業を発表。新たに浅川梨奈、内村莉彩の2名の加入も発表し、第2章とも言える新しいSUPER☆GiRLSがスタートする。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top