佐藤健、台湾で主演映画PR 実は三浦翔平とは不仲!?

sato_05c

映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」が、2月14日より台湾で公開されることとなり、主演の佐藤健がキャンペーンのために2月7日、8日の2日間で台湾を訪問した。


佐藤は映画「るろうに剣心」が台湾公開された2012年12月以来、二度目の訪台となった。

7日の午前便で台湾松山空港に到着。待ち受けた20社の報道陣のカメラと200人のファンに向けて「こんなにたくさんの方が集まってくださって、本当にうれしいです。ありがとうございます」と挨拶した。

14時から現地ホテルの会見場で行われた記者会見に出席。
記者から、映画の公開がバレンタインデーということで、チョコレートをたくさんもらえるのでは、という質問が出ると、佐藤は「ファンからはいただけるけど、プライベートでは全然もらえなくなりました。学生時代は楽しみだったけど今年はドラマの現場で仕事しています」と答えた。さらに今後やってみたい役については、「ここのところ肉体を使う役が続いているので、頭を使う役をやってみたい。知能犯みたいな役で台湾の映画にぜひ出てみたい」と海外進出にも意欲を見せた。
また、映画にちなんで、佐藤の質問に対する答えが本当なのか嘘なのかを「嘘発見器」を使って見破るというゲーム感覚のインタビューも行われた。嘘をつくと手に強い電流が走るという機械に、最初は「嘘をつくのは嫌いなんです」と余裕の佐藤だったが、かねてよりプライベートでも仲が良いことが知られている三浦翔平と本当に仲が良いか?という質問にYESと答えたにもかかわらず嘘を示す電流が走り、佐藤がビックリして飛び上がる一幕も。
会見の終わりには、台湾のバレンタインデーの風習にならって、佐藤から女性記者にバラの花を一輪ずつ手渡すという心憎い演出も。日本の映画スターから直接花を手渡され、思わず照れてしまう女性記者の姿も見受けられた。

その後、現地雑誌媒体の合同取材、現地テレビ局の情報バラエティ番組のロケ取材などをこなした佐藤。
翌8日は台北市内で『佐藤健×カノジョは嘘を愛しすぎてる プレミアイベント』が行われ、集まった現地ファンと映画にまつわるトークやゲームなどで交流した。

「カノジョは嘘を愛しすぎてる」は全国東宝系にて大ヒット公開中。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top