菊地亜美、ダンスコンテスト出場者の踊りに圧倒 「わたしはあんなに踊れない」

140219kickass15

アイドリング!!!の菊地亜美が19日、映画『キック・アス/ジャスティス・ フォーエバー』の公開を記念して開催されたダンスコンテスト「なりきりヒット・ガール☆バトルロワイヤル」で審査員を務めた。

コンテストでは前宙や側転の連続技を織り交ぜたアクロバティックなダンスを披露したエントリーナンバー3番のカーツウェル・ガールさんが優勝。トロフィーと賞金10万円が贈られた。
コンテスト出場者たちのダンスについて菊地は「すごかったです。わたしはあんなに踊れないので」と絶賛し、同じく審査員を務めた小島よしおから「アイドルなのに踊れないの?」と突っ込まれると「わたしは2ステップ担当なんですよ。2ステップとちょっと手振りとか。“イェイイェイ”みたいな」と、はにかんでいた。
また、映画に“ヒット・ガール”役で登場するクロエ・グレース・モレッツの唇がすごくセクシーだといい、「クロエちゃんといったら“唇”といっても過言じゃないですよ。私も日本のアイドルでいったら“唇”っていわれる」と発言。「初めて聞いた」という小島に「知らないですか?世田谷区では結構有名ですよ」と自信満々に答え、クロエのアヒル口を真似してみるも、会場からは失笑が漏れた。

イベント後に実施された囲み取材では、昨今の佐村河内氏の騒動について、お笑いの世界にゴーストライターはいないのかと聞かれた小島が「スベったときは髭男爵のひぐちさんにもらったギャグだと思ってください。ウケたやつはだいたい僕のやつです」と責任逃れのコメント。

コンテストの審査員には2人のほか、作家でタレントの志茂田景樹も参加。先月29日に空き巣被害に遭い、現金6,000円を盗まれた志茂田はコンテスト優勝者に贈られた賞金について「あの10万円で6,000円補填できたらな。もう帰っちゃったかな」と冗談混じりに語った。

映画『キック・アス/ジャスティス・ フォーエバー』は、2月22日(土)よりTOHOシネマズ有楽座ほか全国公開。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top