絢香、最新曲がNHK連続テレビ小説主題歌に決定

絢香

シンガーソングライターの絢香が3月31日よりスタートするNHK連続テレビ小説「花子とアン」の主題歌を歌うことが決定した。最新曲となる楽曲タイトルは「にじいろ」。

NHK連続テレビ小説の記念すべき90作品目となる「花子とアン」は「赤毛のアン」の翻訳者・村岡花子の明治・大正・昭和にわたる、波瀾万丈の半生記を描いた作品。
山梨の貧しい家に生まれ、東京の女学校で英語を学び、故郷での教師生活をへて翻訳家の道へ進み、震災や戦争を乗り越え、子供たちに夢と希望を送り届けるヒロイン・村岡花子役は、吉高由里子が演じる。

絢香は「主題歌のお話を頂き、『花子とアン』に携わるスタッフの皆様とお会いした時、この作品にかける情熱の大きさに圧倒されました」と話し、「熱い想いが注がれ、大切に作られている作品。出演される素晴らしいキャストの皆様。本当に面白そうで、今から放送が楽しみです。寄り添った曲作りが出来ればと思い、この作品がもつ世界観が表現できるように取り組みました。全国の皆さんに口ずさんでもらえるようになったら嬉しいです」と、楽曲に込めた思いを語っている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top