大島優子、AKB“三銃士”との仕事に「すごく嬉しい」 – Alpen契約タレント発表会

アルペン契約タレント発表会

AKB48の大島優子、岡田奈々、小嶋真子、西野未姫がスポーツブランド「アルペン」のイメージキャラクターに起用されることが決定し、3日、都内で行われたAlpen契約タレント発表会に出席した。


今月末、東京・国立競技場で卒業セレモニーを控えている大島は「気持ちの変化はないです。発表してから卒業までのこの期間は覚悟をしようというか、日々思い出作り」と、現在の心境を明かした。
岡田、小嶋、西野はファンの間で“三銃士”を呼ばれる若手メンバーの注目株。3人との共演については「三銃士の3人と一緒にお仕事させていただけて、びっくりした。すごい嬉しいです」と笑顔を見せた。
小嶋真子は「偉大な先輩が卒業されていきますが、今一緒にお仕事させていただいているので、たくさん吸収して今後に活かしたいと思います」といい、岡田は「大島さんがAKBにいなくなってもAKBは変わらず、私達がAKBの顔になれるように頑張りたいです」と意気込んだ。

イベントでは4人をイメージキャラクターに起用した理由について、株式会社アルペン常務取締役の村瀬一夫氏が「ウインタースポーツに限らずオールスポーツのブランドとして、部活をやっている中高生や若い方々にアピールしていきたい」と説明。

同社のプライベートブランドである「kissmark」の衣装で登場した4人。大島は「着た瞬間に(西野)未姫ちゃんに『めっちゃ似合いますね』って褒めてもらえてルンルンです」と上機嫌。
新CMの撮影が3月中旬に予定されており、内容について希望を聞かれると「ちょうどスノーボードの板を買い換えたいと思っていたところなので、アルペンで買い物をしているところを撮ってもらいたい」と提案。一方、岡田奈々は「わたしは海の近くで撮りたいです。ハワイ!」と目を輝かせていた。

同日に実施された円陣アンバサダー就任発表会の記事はこちら
//tokyopopline.com/archives/23440



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top