平井堅、初のコラボシングル発売 相手は安室奈美恵

平井堅×安室奈美恵

平井堅が4月2日にリリースする通算36枚目、約2年ぶりとなるニューシングルで、安室奈美恵とコラボレーションすることがわかった。
シングルのタイトルは「グロテスク」。表題曲のフューチャリングに安室奈美恵を迎える。

この豪華なコラボレーションは、2013年初頭に平井堅から安室奈美恵に届けられた一通の手紙がきっかけ。ツアーが行われる度に会場に足を運び、新作も必ずチェックするほど安室奈美恵をリスペクトしている平井堅が、自身の作品で音だけに限らず、2人が並んだビジュアル含めての共演を熱望したことから実現したという。

制作に約1年を費やした本作は、平井堅自身が作詞を手がけ、人間の表と裏、本音と建前、抱えなければいけない矛盾に対して、真っ向から切り込み、現代を生きる人々に問いかけていく、タイトル通りの濃厚なエネルギーを放つポップチューンとなっている。

自身のシングル曲でコラボレーションをするのは今回が初めてという平井堅は「僕のキャリア初のコラボレーションシングルです。どうせやるなら強いもの、2人並んだ絵がキャッチーな方を想像した時に、真っ先に浮かんだのが安室奈美恵さんでした。」と経緯を説明。
楽曲について、「常に映像や写真をイメージしながら制作を進めた、言うなれば『ビジュアルシングル』です。
多くを語らず、ストイックに歌と踊りを磨き続ける彼女と何を歌うべきかと熟考した結果、この『グロテスク』が完成しました。人間の奥底に潜む負の感情、建前に覆われた本音を僕と安室さんがサビで交互にぶつけ合う、まさに1対1の人生尋問。生きることに葛藤し、格闘する全ての人への、僕なりの少々歪んだ応援歌です。」と語っている。

また、安室奈美恵も「平井さんにとって初のコラボレーションシングルに参加させて頂いたこと、とても光栄です。歌詞の奥深い世界観を女性側から表現することで、より多くの方にその魅力を伝えることが出来れば、嬉しいです。」とコメントを寄せている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top