AKB小嶋陽菜が口内炎に悩むお姫様を熱演

main

AKB48の小嶋陽菜が出演する口内炎治療薬「トラフル軟膏」の新TV-CMが15日より放映される。


今回の新CM「コジハル、トラフル」篇で小嶋は「トラフル城」に住むお姫様・「コジハル嬢」として登場。中世ヨーロッパの貴族をイメージした世界観の中で、豪華なお姫様ドレスに身を包み、口内炎に悩むお姫様を演じる。

自身も年に3〜4回は口内炎に悩まされるという小嶋は「口内炎ができていると、気分も下がります。ご飯が食べられなかったり、飲み物もしみて飲めなかったり…。そういうこと、いっぱいありますよね」と話し、「疲れていると口内炎になりやすいと思うので、 疲れがたまらないように、いっぱい寝て、ビタミンをたくさん摂るようにしています」と体調管理の秘訣を明かす。

「思った以上に『お城』という感じがして、ドレスも『お姫様』らしかったので、すごく気分が上がって撮影ができました」と撮影を振り返った小嶋。豪華なごちそうを前に「食べたいのに、食べたいのに、痛い!」という決め台詞のシーンでは、ちょっと怒った表情の「痛い!」や、困った顔の「痛い!」など何テイクも撮影を重ねたという。
「TV-CMではあまり見せたことのない困り顔をしているので、注目してくださいね」とファンにメッセージを送った。

新CMは本日14日より「トラフル」スペシャルサイトでも視聴可能。また、同サイトでは貴重なTV-CM未公開シーンや撮影裏話なども紹介している。

「トラフル」スペシャルサイト
http://www.kojiharu-traful.jp



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top