石原さとみ、中田秀夫監督は「プーさんみたい」 – 「MONSTERZ」完成報告イベント

「MONSTERZ」完成報告イベントに登場した4人

5月30日公開の映画『MONSTERZ モンスターズ』の完成報告イベントが19日、都内で行われ、主演の藤原竜也と山田孝之、ヒロインの石原さとみ、中田秀夫監督が登場した。


大きな歓声で迎えられた4人。山田孝之は第一声から「皆さん写真撮ってますけど、あとで1枚500円いただきます。動画は10秒5000円なので気をつけてください」と会場に詰めかけた観客を笑わせ、イベントは和やかにスタートした。
山田はその後も、「映画で藤原が演じた“男”が持つ、誰でも操れる能力を持っていたら何をしたいか」との質問に「いろいろやりたいことはあるんですけど、テレビがあるんで言えないです」と答えるなど、度々冗談を飛ばして笑いを誘っていた。

本作は、視界に入った全ての人間を自由に操ることの出来る“男”(藤原)と、決して操られない男・終一(山田)の対決を描く。
藤原は作品について「山田孝之なくしては成立しない映画」と宣言。「僕は基本的に目だけ撮って、あとはもう山田くんに任せて先に帰っちゃってました」と明かし、「孝之くんはその後、格闘家と闘ったり、操られた3千人とアクションしたり、大変そうでした」と、初共演となった山田の苦労を称えた。

一方、藤原に操られてしまうヒロインを演じた石原さとみ。「私は操られる側なので、唾を飲み込んだり、瞬きすることもできないので大変でした」と話すと、中田監督が「操られているときに目が寄っていくんですけど、それが可愛くて可愛くて」と絶賛。「取り出して食べたいくらい」といって会場の笑いを誘った。
中田秀夫監督とは『インシテミル』(2010年)以来2作目となる石原は、監督を「“プーさん”みたいな人」と表現。「優しくて柔らかくて、なのにホラー撮っちゃう」と笑みを浮かべ、同意を求められた藤原も「そうですね。かわいらしくて、穏やかでね」と相槌。MCからコメントを求められた山田も「プーさんです」と同調していた。

見どころとなるシーンについて、藤原は「千人、2千人の人たちが操られるお芝居をしてくれて、そのシーンは見応えがあると思う」とコメント。石原は「物語序盤の衝撃的なシーン」と答え、「ほぼ全員集合のシーンで、初めて竜也さん演じる“男”が私の家に来るんですけど、そこが一番残酷というか衝撃的。それがお話のベースになる事件でもあるので、注目して皆さんショックを受けていただけたら」とアピールした。

また、本作のプロモーションでは公開日まで様々な対決を繰り広げていく予定となっている2人はこの日、最初の対決を実施。「あっち向いてホイ」で3戦を行い、2勝した藤原がこの日の勝者となった。

『MONSTERZ モンスターズ』は5月30日(金)全国ロードショー。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top