EXILEファミリーから豪華メンバーが集結 DANCE EARTH PARTY新曲MV公開

EXILEのUSAがプロデュースを務めるDANCE EARTH PARTYが4月16日にリリースする新曲「PEACE SUNSHINE」のミュージックビデオが20日、公開された。

「DANCE EARTH」は、EXILEのUSAがライフワークとして掲げる、ダンスで世界をつなげるというコンセプトのプロジェクト。2006年に舞台としてスタートし、2013年にはEXILEよりUSA、TETSUYA、NESMITH、そしてボーカルにはCrystal Kayを迎え、音楽プロジェクトとしても始動した。

今回の新曲「PEACE SUNSHINE」は、2014年5月から行われる舞台公演「DANCE EARTH PROJECT グローバルダンスエンターテインメント『Changes』」の主題歌に起用されており、同公演に出演するEXILEのUSA、TETSUYA、NAOKI、GENERATIONS from EXILE TRIBEの関口メンディー、E-girls/DreamからShizuka、Aya、Ami、Erieという、総勢8名の豪華メンバーが参加している。

楽曲はUSAが手掛けた明るくピースフルな歌詞とUSAとTETSUYAがシカゴを旅していた際にクラブでかかっていたというソカ(トリニダード・トバゴ発祥のポピュラー音楽)をモチーフに制作され、アップテンポで爽やかなものに仕上がった。
MVでは世界各国の神話でも様々な伝説のある“虹”をテーマに「人と人」「夢と笑顔」「キミと未来」など様々なものをつなぐキーワードとして表現している。

EXILE TRIBEなど大人数でのパフォーマンス以外、このメンバーが一堂に会し踊るのは今回が初めて。
男女ペアのダンスシーンでは、最初は腕を組むだけでテレがあったが、振付を詰めていく中でメンバー同士のコンビネーション力が高まり、とても息の合った素晴らしいパフォーマンスとして仕上げることができたという。
USAは「Dreamなんてあんなに激しく動いて歌をしっかり届けるリップをするパフォーマンスに優れていて、刺激をもらえました」と、MVの撮影を振り返る。また、「メンディーはあの肉体を活かしたパフォーマンスは逸材!PVも舞台も一緒にできるのがうれしいです」と、新鮮なメンバーとの共演に期待を寄せている様子。

同楽曲のシングルは4月16日リリース。Type AのDVDには通常のMVのほか、ドキュメントバージョンも収録される。
また、このメンバーが参加する舞台「DANCE EARTH PROJECT グローバルダンスエンターテインメント『Changes』」は5月3日から18日まで品川のステラボールにて開催。

「DANCE EARTH」公演概要


●公演正式名称:DANCE EARTH PROJECT グローバルダンスエンターテインメント『Changes』
●公演期間:2014年5月3日(土)〜18日(日)
●劇場:品川ステラボール
●原案・企画プロデュース:EXILE USA
●演出:岸谷五朗
●脚本:松村 武
●ゼネラルプロデューサー:EXILE HIRO
●出演
水野絵梨奈
NAOKI(EXILE)
関口メンディー(GENERATIONS from EXILE TRIBE
Shizuka、Aya、Ami、Erie(Dream/E-girls)
U-GE、PINO、HIRONA、小林由佳、TAKA、MAMIZO、RICKY、秋山桃子、今野晶乃
TETSUYA(EXILE)
USA(EXILE)



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top