篠田麻里子プロデュース「ricori」が東京ランウェイに初参加 本人がフィナーレ飾る

篠田麻里子

篠田麻里子がプロデュースするファッションブランド「ricori」が21日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催された「東京ランウェイ 2014 SPRING/SUMMER」でショーを行った。



「ricori」は2012年12月に篠田がプロデューサー兼デザイナーとして立ち上げたブランド。東京ランウェイへの参加は今回が初めてとなる。

この日、「ricori」のステージでは大石参月、新川優愛、トラウデン直美、舞川あいくらがモデルを務め、同ブランドらしい淡い色使いのアイテムやリバティ柄のスカートやワンピースなどを披露。最後に篠田がランウェイを歩いた。ウォーキングを終えた篠田は客席に向かって一礼し、笑顔を振りまきながらステージを後にした。

「東京ランウェイ」は、アジア最高峰のリアルクローズイベントとしてアジアにも進出している人気ガールズファッションショー。5回目となる今回の「東京ランウェイ 2014 S/S」は、“WHAT IS FASHION?”をテーマに開催。
過去最高となる16,211人が来場。41のブランドが参加し、モデルやアーティストなど総勢110名の出演者がイベントを盛り上げた。

写真:ricoriのステージ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top