AKB48、今年も選抜総選挙開催を発表 開票は味スタで6月

AKB48が毎年恒例となっている選抜総選挙の開催を22日、発表した。


第6回目となる今回は同グループの37枚目シングルの選抜メンバ及びカップリングメンバーをファンの投票により決定する。
今年は当選枠を80名まで増やし、上位から16名ずつがそれぞれ37thシングル選抜メンバー、アンダーガールズ、ネクストガールズ、フューチャーガールズ、アップカミングガールズとなる。

対象となるメンバーは昨年に引き続き立候補制。立候補資格は国内4グループの在籍メンバーと海外に移籍した元AKB48メンバー。昨年は卒業生にも出馬のチャンスが与えられたが、今年は在籍メンバーに限られた。
立候補の受付は今月31日午後4時30分からスタートし、4月6日午後11時に締め切られる。

なお、投票権は5月21日に発売されるAKB48の36枚目のシングル「タイトル未定」購入者のほか、ファンクラブ会員やモバイル会員らに与えられる。投票期間は5月20日午前10時から6月6日午後3時まで。
開票イベントは6月7日(土)、味の素スタジアムにて開催される。

これまで数々のドラマを生み出してきたAKB48の総選挙。昨年の総選挙以降にグループを卒業したメンバーも多いため、空いたポジションに若手メンバーがどこまで食い込んでくるのか。
また、先日の大組閣によって乃木坂46からAKB48チームBを兼任することが発表された生駒里奈や、現在ジャカルタで目覚ましい活躍を見せており、昨年は総選挙への立候補を見送ったJKT48の仲川遥香らの動向にも注目が集まる。

AKB48 37thシングル 選抜総選挙 特設ページ
http://www.akb48.co.jp/sousenkyo/37thsingle/



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top