JUJU、西野カナら人気アーティストが「めざましテレビ」日替わり演出

西野・JUJU

今年4月で放送21年目に突入するフジテレビ・朝の情報番組「めざましテレビ」が、番組史上最大の改編で新たなスタートを切る。


2003年10月より放送を開始した「めざにゅ〜」が終了し、「めざましテレビ アクア」が誕生。シームレスに「めざましテレビ」と連動する。そして、毎朝テーマソングが変わる「デイリーテーマソング」と、アーティストが番組の色を染める「デイリーカラー」を導入。

月曜から土曜まで曜日ごとに変わる「デイリーテーマソング」は、6組の人気アーティストが「めざましテレビ」「めざましどようび」のために書き下ろし。
さらに、その6アーティストが「その歌にふさわしい番組の色」を指定し、その色で番組のセットやCGが染まり、毎朝“番組の色”が変わっていく「デイリーカラー」も登場する。

デイリーテーマソング&デイリーカラー


(月)flumpool「明日への賛歌」/ オレンジレッド
(火)西野カナ「Darling」/ ローズピンク
(水)ファンキー加藤「FLY」/ ブルー
(木)SEKAI NO OWARI「PLAY」/ ホワイト
(金)JUJU「Brand New Days Will Love You」/ グリーン
(土)遊助「未定」/ イエロー

金曜日を担当するJUJUは、「テーマ色のグリーンは個人的に好きな色、というのもあるのですが、季節の変わり目に景色が緑に色づいていく新鮮さがこの曲にもぴったりだなと思って選びました」と明かし、「金曜日の朝、平日最後のこの日を、明るい気持ちで迎えるお手伝いが出来ればいいな、と思っております」とコメントを寄せている。

「デイリーテーマソング」というコンセプトについて、フジテレビの角谷公英チーフプロデューサーは「“昨日と今日と明日は同じ日ではない。毎日が別の色と音で彩られた素晴らしい毎日である”というメッセージを込めました」と説明。
番組メインキャスターの加藤綾子は「各曜日担当のアーティストがそれぞれのメロディーとカラーで彩る“五感で楽しむ『めざましテレビ』”に生まれ変わります。日々どんな気持ちに彩ってくれるのか本当に楽しみです」と、同番組史上最大の改編期待を寄せ、同じく番組メインキャスターの生野陽子は「“めざましファミリーのアーティスト”の方々と共に、4月からこの新しい試みでスタートを切れることを大変幸せに思っています。1日1日を大切に『めざましテレビ』をお送りします」と意気込みを語っている。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top