三浦春馬、実写版「進撃の巨人」に主演 軍艦島でのロケも予定

三浦春馬

三浦春馬俳優の三浦春馬が人気漫画を実写映画化する『進撃の巨人』の主演に決定した。



2013年12月に始動した「進撃の巨人」実写映画化プロジェクト。監督と一部スタッフ以外、全貌が未だ秘密のヴェールに包まれており、原作ファンがその詳細を心待ちにしているなかでの今回の主演俳優発表となった。

映画は、原作者・諫山創氏の監修の元、原作の物語やキャラクターをベースに、映画オリジナルの要素を盛り込み、巨人のいる世界とその世界に抗う若者たちの姿を、立体機動のアクションをふんだんに盛り込んだ形で進行する、壮大なスペクタクル映画となる。

特撮監督には、「のぼうの城」や「巨神兵東京に現る」の監督補を務めた尾上克郎、撮影には「のぼうの城」で日本アカデミー賞優秀撮影賞を受賞した江原祥二、照明には「北のカナリア」で日本アカデミー賞最優秀照明賞を受賞した杉本崇、美術には「海猿」シリーズなどを手掛けた清水剛など、日本映画界屈指のスタッフが集結し、衣装には扮装統括として「龍馬伝」「寄生獣」などを手掛けた柘植伊佐夫、衣装デザインに三田真一、特殊造形プロデューサーに日本の特殊造形・メイクの第一人者・西村喜廣、キャラクターデザインに、竹谷隆之(巨神兵 東京に現る)、貞本義行(新世紀エヴァンゲリオン)、田島光二(寄生獣)などアニメ界、特撮界のトップたちが集う。

また、巨人に襲われ荒廃した世界観の設定を活かすために、廃墟の聖地ともいわれる長崎県・端島(通称、軍艦島)での撮影が予定されているとのこと。
映画は2015年公開予定。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top