長澤まさみ、ロッテ新CMで巨人に!?

長澤まさみがロッテの新商品「プティスリー」の新CMに出演。“巨人”の気分を味わった。

CMの舞台はパリにあるパティスリー。長澤はパリに住んでスイーツの食べ歩きをしている留学生という役どころ。
ちびっ子パティシエが腕を振るうこのパティスリーは、全てが子どもサイズの小さなお店で、まるで小人の世界。ちびっ子パティシエと弟子たちがミニチュアサイズの道具を使って「プティスリー」を作っているところに、小さな入口をくぐり抜けるように長澤が来店するというストーリー。

メイン画像ちびっ子パティシエを演じるのは子役の高橋來くん。長澤が撮影の合間にプティスリーを食べたがる來くんに「どれくらい食べられるの?(後で食べるシーンがあるから)お腹空かせておいた方良いよ。本番で5回やったら5個も食べることになるんだよ。」と諭すと、來くんも「じゃー1個にする。」と素直に聞き入れたり、写真撮影の時には來くんが長澤の膝の上に座ってしまったりと、2人はすっかり仲良くなり、現場は和やかな空気に包まれていたという。

撮影を終えた長澤は「セットがこんなにちっちゃくて、自分が巨人になった気分でした(笑)」と苦笑い。4歳の來くんとの共演には「私が4・5歳の頃大人の中に入ったらきっと緊張してたと思うんですけど、すごいなぁ」と感心しきり。
自身が4歳の頃は「ひょうきんな女の子でした。外で遊ぶのも大好きだし、冒険みたいなことをして色んなところに行ったりとか、割りと活発な子どもでしたね」と明かした。

ロッテ「プティスリー」新CM「小さなパティシエ」篇は4月8日(火)より全国でオンエア。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top