EXO、初の日本公演で10万人を魅了

webEXO5

東方神起、SUPER JUNIORらが所属する韓国芸能事務所「SMエンターテインメント」所属の12人組男性音楽グループ「EXO(エクソ)」が、4月11日(金)より3日間、さいたまスーパーアリーナにて日本初公演「EXO Greeting Party in Japan “Hello!”」を開催。3日間で述べ10万人を動員した。

「WE ARE ONE!こんばんは、EXOです!」と12人揃っての挨拶のあと、メンバーひとりひとりが日本語でコメント。
リーダーのスホは「本当にたくさんの方に来ていただき、ありがとうございます!」、チャンヨルは「ずっと会いたかった日本のファンのみなさんにこうしてお会いすることができてとても幸せです」、チェンは「会場がEXOのファンだけで埋め尽くされていて、本当に感動しています」とファンに語りかけた。

「Let Out The Beast」から始まったライブでは、デビュー曲「MAMA」はもちろんのこと、「History」「3.6.5」を韓国語バージョンと中国語バージョンを混合させたアレンジで歌い上げたり、バラード曲「12月の奇跡(Miracles In December)」をメンバーのディオ・ベクヒョン・ルハン・チェンのボーカルとレイのピアノ演奏で披露したりと、ダンス曲だけではない彼らの魅力と才能が凝縮した、ひとときも目を離すことができないステージの連続に観客からの絶叫が止むことはなかった。

途中には、12日に20歳の誕生日を迎えたセフンをサプライズでお祝いするシーンもあり、メンバーの個性や仲の良さが随所に現れたほほえましい時間だった。

最後は2013年、韓国では12年ぶりとなるミリオンセラーを記録した1stフルアルバム『XOXO(Kiss&Hug)』に収録されている大ヒット曲「Wolf」と「Growl」を躍動感溢れるダンス・パフォーマンスと力強いボーカルで熱唱。

ステージを終えたメンバーは「今日は日本のファンのみなさんとEXOがこうして一緒に過ごせて本当に楽しかったですし、幸せでした」(スホ)、「素晴らしい思い出を一緒に作ることができて本当にうれしいです。EXOにはみなさんしかいません。愛してます!」(ベクヒョン)と、満足そうに語った。

なお、連日数千人の列を作ったオフィシャルグッズがエイベックス公式販売サイトであるmu-moショップにて本日14日よりオンライン販売を開始している。
mu-moショップでは現在EXOグッズを紹介する特集ページがオープンしており、商品のビジュアルなど詳細情報が公開されているほか、限定のキャンペーンも実施中。

mu-moショップ EXOオフィシャルグッズ特集ページ
http://sp.mu-mo.net/shop/r/1404exomd_news/



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top