西野カナ、アリーナツアー完走 最終日は豪華コラボ連発

全国6会場12公演、 延べ10万人を動員した西野カナ2度目の全国アリーナツアー「Love Collection Tour 〜pink & mint〜」が13日、横浜アリーナにて最終日を迎えた。

「デビューして5年間、みんなの言葉と笑顔に支えられてここまで来れました。 本当にありがとう。今夜はファイナル公演。昨年リリースしたベストアルバムの中からたくさん曲を歌います!」 と宣言してライブはスタート。

ツアー最終日となったこの日は、西野がデビューから5年の間にコラボレーションしてきたアーティストたちが横浜アリーナに集結した。
まずはスペシャルゲストとしてVERBAL(m-flo)がステージに登場。「君の声をfeat. VERBAL(m-flo)」を披露し、本人は「久々に歌って緊張した!」と、はにかむ姿も。「Summer Girl feat. MINMI」では2組目のスペシャルゲストとしてMINMIが登場。
西野カナの呼び込みにMINMIがセンターより登場すると、会場からは大歓声に包まれた。
そして最後はWISE。西野自身が「ターニングポイントになった曲」と語る「遠くても feat. WISE」を披露。
「この曲は最近は1人で歌っていたけど、本当はWISEさんと一緒に歌って初めて成り立つ曲。だから今回一緒にライブが出来て嬉しい!」と、デビュー5周年の歩みを感慨深く振り返っていた。

この日のサプライズはこれだけでは終わらず、ライブ終盤には新曲「We Don’t Stop」を初披露。5月21日にリリースすることを発表した。
同曲は4月16日放送スタートの日本テレビ水曜ドラマ「花咲舞が黙ってない」の主題歌となっている。

最後に西野はツアーを振り返り、「今日は皆の笑顔が見られて本当に嬉しかった。ツアーはあっという間だったけど、内容の濃い時間を皆と過ごせて幸せだなあと実感しています。
昔から音楽が好きで1人で歌っていたけど、音楽を通して誰かと繋がれることを教えてくれたのはみんな。 心から感謝しています。本当にありがとう!」と語り、自身の代表曲とも言える「Best Friend」で本編を締めくくった。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top