能年玲奈、人気コミック実写化に主演 クラゲを愛するヲタク女子演じる

女優の能年玲奈が2014年冬に実写映画化される『海月姫』に主演することが決定した。

東村アキコによる原作「海月姫」は、2008年に連載をスタートし、現在までに累計発行部数270万部を突破。第34回講談社漫画賞少女部門や「このマンガがすごい!2011」オンナ編第3位を受賞した人気コミックス。

能年が演じるのは、クラゲをこよなく愛する主人公、月海(つきみ)。イラストレーター目指して上京したものの、自信のなさからおしゃれな人や男性の前ではおどおどしてしまうというキャラクター。
能年は今回の主演に「どう演じれば見てくださる方に楽しんでいただけるか、今一生懸命考えているところです。私もクラゲを見るのは好きですし、あとウミウシも好きです。そんなところから入っていけたらいいのかな?と思っています」と役作りに苦心している様子を明かす一方、原作については「なんてったって尼〜ずが大好きです。」といい、「尼〜ずと楽しくおしゃべりしまくりたいです」と、クランクインを心待ちにしているようだ。

また、能年以外のメインキャストも今回合わせて発表された。
女装が趣味の美男子で、月海や尼〜ずと奇妙な友情関係を結んでいく鯉淵蔵之介役には『共喰い』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した菅田将暉。蔵之介の腹違いの兄で純粋な月海に惹かれていく鯉淵修に長谷川博己。
月海とともに天水館に暮らす“尼〜ず”には、池脇千鶴(ばんば役)、太田莉菜(まやや役)、篠原ともえ(ジジ役)、アジアンの馬場園梓(千絵子役)ら個性豊かなメンバーが名を連ねている。

監督を務めるのは『ひみつのアッコちゃん』『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』の川村泰祐。脚本は『私の優しくない先輩』の大野敏哉、衣装デザインはきゃりーぱみゅぱみゅの衣装を手がける飯嶋久美子が担当する。
映画『海月姫』は5月から本編撮影を開始し、2014年12月公開予定。

映画「海月姫」公式HP: http://www.kuragehi.me

海月姫キャスト陣

(C)LesPros entertainment.Co.,Ltd.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top