渡辺麻友が短編ナレーション 映画「ポケモン」ゲスト声優発表

ピカチュウ&渡辺麻友

7月19日公開の『ポケモン・ザ・ムービーXY 「破壊の繭とディアンシー」同時上映「ピカチュウ、これなんのカギ?」』のゲスト声優情報が解禁され、短編ナレーションをAKB48渡辺麻友が担当することがわかった。


渡辺は今回の起用に「すごく嬉しいです!」と歓喜。「映画は『ミュウツーの逆襲』を家族と一緒に観に行き、ゲームも姉と一緒にやっていました」と話し、「短編はポケモンたちが本当に可愛らしくて癒やされる作品。楽しんでもらえるように頑張らなくてはと感じました。夏休み公開の作品ということで、全国の子どもたちにぜひ劇場で観て頂き、この夏一番の素敵な作品になるよう、お手伝いが出来ればと思います!」と意気込みを語っている。
昨年の短編『ピカチュウとイーブイ☆フレンズ』のナレーションは前田敦子が担当していた。

また、長編『破壊の繭とディアンシー』のゲスト声優には、三田佳子、山寺宏一、中川翔子、足立梨花、中川家(剛・礼二)が決定。各キャストからコメントが到着している。

三田佳子(ゼルネアス役)コメント
初めて声優のお話を聞いた時は「あら、驚いた!」という感じでした(笑)長くこの世界でやってきて、生きてきたキャリアや人生観などトータルなもので、この役に声をかけて頂いたのかなと思いました。私の存在をピカチュウたちを通して、知ってもらえるというのは、嬉しいです。孫に好かれる精神が、この世界でも活かせればと思います。

山寺宏一(ニンジャ・ライオット役)コメント
皆勤賞継続中です!本当に嬉しい!でも「ポケモン・ザ・ムービーXY」として初の劇場版なので、初心に帰って頑張ります!(そもそも毎回役が違うので、いつもドキドキなんですが)
今回はゲッコウガを使う忍者盗賊の役。そういえば子供の頃「忍者部隊月光」という番組が大好きで、よく忍者ごっこをしていたっけ‥。その頃を思い出して精一杯演じます!!

中川翔子(ミリス・スティール役)コメント
8年目のゲスト声優の役が、久々の人間役!今まで演じたことのない、やってみたかった役に挑戦できるので、とても楽しみです。色んな顔を見せるキャラクターなので、新たな中川翔子を見ていただけると思います。今までの8年間のすべてを込めて、がんばりたいと思いますので、是非、劇場で観て頂けると嬉しいです。

足立梨花(マリリン・フレイム役)コメント
ここ最近で一番うれしい事だったので、テンション上がりっぱなしで、「マジですか?」「マジですか?」と連呼してしまいました(笑)小さい頃からゲームもやっていたし、アニメもずっと見ていたので、すごく嬉しいお仕事でした。この映画を観て、子供たちにさらにポケモンを好きになってもうらえるように、私もがんばりたいと思います。

中川家礼二コメント(中川剛:メレシー役、中川礼二:アルガス・スティール役)
「え、なぜだ?」それが、一番最初にこの話を聞いた時に返した言葉です。(笑)お笑いをやっていますけど、声優は初めてで、素人なので、みなさんに負けないように、自分を出せればいいのかなと思います。子供たちは、僕の顔が分かるかどうか分かりませんが、楽しみにしていただければと思います。

ピカチュウ&渡辺麻友



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top