ダチョウ倶楽部・肥後、長女からのサプライズプレゼントに歓喜

140417daiba38

お笑いトリオのダチョウ倶楽部が17日、東京・お台場でダイバーシティ東京プラザの開業2周年を記念して開催された「ダイバーシティ 劇的2周年ィヤー! スペシャルステージ」に登場した。

3人は今回のイベントに登場した経緯について質問されると「“イヤー”と“ヤー!”がちょうどいい感じにかぶったから」と説明。記者から「じゃあ“何周年”だったらどこでも使えますね」と振られると、「そうなんですよ!いいとこ気づいたね!」「“何周年イヤー”だったらダチョウ倶楽部!」「いいですね、それいただきます!」とノリノリだった。

イベントではリーダー・肥後克広の愛娘・肥後千暁さんがサプライズで登場。
千暁さんからダイバーシティ5Fの「ABC Mart Grand Stage」で選んだというスニーカーをプレゼントされた肥後は「父の日や誕生日に(プレゼントを)もらうことはあるけど、こういうきっかけでもらったプレゼントは特別な思いです。嬉しいです」と大喜び。
しかし、上島竜兵が「千暁ちゃんは中学生の頃、アンジャッシュの児嶋のファンだった」と暴露すると、寺門ジモンも「子どもの頃、泣きながら『お父さん、おでんはやめて』って言われたらしいですよ」と続き、千暁さんが「自分の父親が全国放送で裸になってたりするのは、お年頃のころは複雑でした」と明かす場面も。

イベント後の囲み取材で肥後は「アイドルのお尻に向かって“ムッシュムラムラ”とか。あれはギャグなんだけど、娘から見ると全国放送のテレビでお父さんが浮気してるっていう風に見えたみたいで。すごい嫌がってましたね」と告白。
また、千暁さんの通う小学校から「上島さんにテレビでお尻出して走り回るのを止めさせて」と言われたことを明かし、「上島に1回『PTAが怒ってるから、そろそろ止めてくれ』って頼んだんですよ」。しかし上島は「それは俺の仕事だからダメだ」と断ったといい、「当たり前だよ。だって俺たちは楽屋入ったら必ずフンドシとブリーフが置いてあるんだから」といって場の笑いを誘った。
肥後は「ヨゴレ芸人の娘さんは大変ですよ」と、しみじみ。しかし「今は理解してくれています」と親子関係は修復されたようだ。

イベントにはアイドリング!!!の横山ルリカも出席。上島と寺門にダイバーシティで購入したというハットとTシャツをそれぞれプレゼントし、「アイドリング!!!はお台場を中心に活動しているので、これからもダイバーシティを楽しみたいし、皆さんにも楽しんでいただきたいです」とアピールしていた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top