[Photo Report] 豪華モデル&アーティストが3万人沸かす <GirlsAward 2014 S/S>

日本最大級のファッションと音楽のイベント「GirlsAward 2014 SPRING/SUMMER」が19日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催された。

ガールズアワードは2010年にスタートして以来、「渋谷からアジアへ。そして世界へ」というスローガンのもと、年2回代々木第一体育館で開催。
第9回目となった今回は「FLOWER PALLET」をテーマに、149名のモデルと12組45名のアーティストを含む総勢197名の出演者たちがステージを華やかに彩った。

ランウェイのトップバッターを飾ったのはガールズアワード8回目の出演となる菜々緒。山本美月、山田優、マギー、中村アン、トリンドル玲奈、加藤夏希、道端アンジェリカ、藤井リナ、南明奈ら豪華モデルが後に続いた。
さらに、シークレットゲストとして女優の長澤まさみや佐々木希も登場。水沢アリー、光宗薫、てんちむ(橋本甜歌)、おかりえ(松岡里枝)ら、初登場モデルたちもイベントを大いに盛り上げた。

アーティストライブではきゃりーぱみゅぱみゅ、剛力彩芽がガールズアワードに初登場。そのほか、2回目の出演となるTHE SECOND from EXILE、ガールズ・バンドのSilent Siren、韓国からはSUPER JUNIOR DONGHAE & EUNHYUKといった多彩な顔ぶれ。
また、E-girlsとしても人気を集めるFlowerはこの日、m-flo、はるな愛と1日限りのスペシャルコラボレーションで会場を湧かせた。

イベントでは、デヴィ夫人がイケメンモデルを引き連れ純白のドレスで登場、フジテレビで放送中の「テラスハウス」の新旧出演メンバーが揃ってランウェイを歩き、船橋市非公認のゆるキャラ・ふなっしーもランウェイで得意のジャンプを披露するなど、観客を飽きさせない見どころ満載のステージが約6時間に渡って繰り広げられた。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!