SKE48とHKT48が48グループ初の合同握手会開催

SKE48HKT48が19日、愛知・ナゴヤドームで48グループ初となる合同握手会を開催した。


握手会はSKE48の14thシングル「未来とは?」、HKT48の3rdシングル「桜、みんなで食べた」の発売を記念して行われたもの。

イベントは選手入場の場内アナウンスからスタート。メンバーは高校球児のように元気よく手と足を大きく振り上げながら入場行進し、1塁側にSKE48、3塁側に HKT48メンバーが整列した。

マウンドでは初の合同握手会を記念して始球式が行われ、ピッチャーをSKE48劇場支配人研究生・芝智也、対するバッターを HKT48劇場支配人・尾崎充、そして審判をSKE48劇場支配人候補生・今村悦朗が務めた。両者はそれぞれのグループのメンバーやファンからの大声援を受け、会場は野球の試合さながらの雰囲気に。

また、交流会として、それぞれのご当地土産の交換も実施。HKT48からは博多名産の明太子、SKE48からは名古屋名物の手羽先がそれぞれにプレゼントされた。松井珠理奈はすかさず、「こんな美味しそうな手羽先を前にすると、“手ば(が)先”に出ちゃう!」と得意のダジャレで会場を沸かせる。
ほかにも「SKE48 vs HKT48 炎の3本勝負」というミニゲームや両グループメンバーが入り混じった編成でミニライブを披露するなど、これまでの握手会にはない演出で握手会を盛り上げた。

SKE48の松井珠理奈は初の合同握手会に「楽しかったです。今度は私たちが福岡に行ってまたやりたい!」とニッコリ。HKT48の指原利乃も「合同握手会、最高!今度はNMB48ともやりたい!」と語った。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags ,

関連記事


Top