金爆・鬼龍院が喜矢武のスパイダーマン愛に負けないほど好きなものは?

140420gb23

ビジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーが20日、都内で行われた映画『アメイジング・スパイダーマン2』スペシャル試写会に出席した。

同作の応援隊長を務め、TV-CMにも出演しているゴールデンボンバー。この日もCM同様、樽美酒研二を除く3人はスパイダーマンスーツを着用。 樽美酒は平仮名で「くも」と書かれた白い全身タイツ姿で登場した。
CMでは全身タイツ姿を3人に馬鹿にされている樽美酒は「簡単に着こなしてるけど、結構めんどくさいんですよ」とアピール。タイツ1枚では股間がモッコリしてしまうので、それを抑えるために何枚も重ねて着ているといい、「あんまりたいしたものは持ってないけど」と下ネタを交えつつ、「1回着ちゃったらトイレ行くとき大変」と苦労を明かした。

3人のスパイダーマンスーツは同じように見えて、実は喜矢武豊の衣装は映画の撮影で実際に使用したものだという。喜矢武は「艶感が違う。パッと見はわからないけど証明が当たったときにすごい鮮やかに輝くんです」と説明。
イベント後の囲み取材中、記者からこの衣装の金額が数百万円と聞いた喜矢武は、驚きながらも「でもまあ、ハリウッドの衣装ならそのくらいでしょうね」 と訳知り顔。樽美酒から「ハリウッドの何を知ってるんだ」と突っ込まれる一幕も。
「スパイダーマンになりたい」と公言するほど大のスパイダーマンファンの喜矢武は、このスーツがどうしても欲しいようで、「3回くらい『このスーツをくれ』って打診してるんですけど、ちゃんとした答えが返ってきてない」と、不満げだった。

また、他のメンバーに喜矢武のスパイダーマン愛に負けないくらい好きなものは?との質問が飛ぶと、鬼龍院翔は「AVですかね」と即答。周囲を笑わせた。歌広場淳も「早いね。でも君のAV好きは本物だもんね」と同調し、鬼龍院は「語らせたら止まらないですよ」と身を乗り出すが、報道陣の反応を察知した樽美酒から「(オンエアで)使えないからいいよって空気になってる」と窘められていた。
同じ質問に歌広場は「イケメンが好き」。本作に出演している「デイン・デハーンがカッコイイ」と絶賛し、「古今東西のイケメンのデータを集めるのが楽しいです」。すかさず、「本当に男が好きなんですよ」と鬼龍院。歌広場は「ちょっと待って、言い方が・・・」とオネエ疑惑を払拭しようとするも、「この前キスマイさんが引いてました」と、さらに暴露され、「キスマイさんと最近共演した時に、藤ヶ谷さんに『抱かれたい』って言ったら本当に冷たい目で見られちゃって」と苦笑いを浮かべていた。

この日のイベントでは喜矢武が段ボールで制作した敵キャラ・ライノもお披露目。喜矢武本人はライノの中に入っているはずだったが、樽美酒がライノのヘルメットを外すと、中に入っていたのはなんとマネキン。驚く3人の前にMCの演台に隠れていた喜矢武が登場するという演出で観客を楽しませた。

映画は4月25日(金)より、TOHOシネマズ日劇ほか3D&2D全国ロードショー。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top