40万人を熱狂させた三代目 J Soul Brothersの全国ツアーが閉幕

2014年1月8日からスタートした、EXILE TRIBEが一年を通してエンタテインメントを展開する史上最大の祭り「EXILE TRIBE PERFECT YEAR 2014」の第一弾である、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの全国ツアー「三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2014 “BLUE IMPACT”」が千秋楽を迎えた。

全国13都市34公演、総動員数40万人を誇るこの全国ツアーの最終日である4月20日には、2万3千人のファンがさいたまスーパーアリーナに集まり、ヒット曲「花火」、「冬物語」といった2014年元日リリース「THE BEST / BLUE IMPACT」に収録されている楽曲を始め、3月26日にリリースしたばかりの最新曲「S.A.K.U.R.A.」を含む26曲に酔いしれた。

「EXILE TRIBE PERFECT YEAR 2014」第一弾の有終の美を飾るべく、ライブ本編後半からはGENERATIONS from EXILE TRIBEが、アンコールにはTHE SECOND from EXILEがサプライズゲストとして登場。
三代目J Soul Brothersのコンサートツアーでサプライズ出演があったのは、2012年9月1日からマリンメッセ福岡からスタートした初の単独ライブツアー「0〜ZERO〜」の公演最終日にEXILEが出演して以来2度目となった。

なお、本ツアーのライブDVDは6月25日に発売されることが決定している。

ELLY(三代目J Soul Brothers)コメント


まずは、ケガなく無事にツアーを終えることができてよかったです。2回目の単独ツアーを経験して、グループ全体のパワーがすごく大きくなったなと感じました。それと同時に個々のパワーをこれからもっとあげて、メンバーひとりひとりが確固たるエンターテイナーに向かっていくことでEXILE TRIBEが強くなっていくと感じました。今年はEXILE TRIBE PERFECT YEARとして過ごしていく中で、個人の活動にも積極的に挑戦して気合入れて頑張っていきたいと思います。

三代目JSB

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top