AKB48とLINEのコラボプロジェクトが発足 総選挙選抜入りメンバーをスタンプ化

AKB48グループとスマートフォンアプリ「LINE(ライン)」のコラボプロジェクトが発足し、30日、LINE本社で行われたキックオフイベントに小嶋陽菜、高橋みなみ、渡辺麻友、松井珠理奈、松井玲奈の5人が出席した。

同プロジェクトではAKB48グループのLINE公式アカウント開設を皮切りに様々なコラボレーションを展開。6月7日に開催される「AKB48 37thシングル選抜総選挙」で選抜(1〜16位)入りしたメンバーには、AKB48グループ初のLINEスタンプになれる権利が与えられる。

普段からLINEを使ってコミュニケーションしているというメンバーはスタンプになれると聞いて大興奮。5人の写真を元に制作されたLINEスタンプのサンプルを見て「かわいい!」と口を揃えていた。
どんな表情のスタンプを作りたいかと聞かれた高橋は「メンバーの口癖をスタンプにしてほしい」と提案。すると、小嶋陽菜から「総選挙のスピーチで言った、たかみなの名言とか」と言われ、「恥ずかしい。誰が使うの(笑)」と照れ笑い。渡辺麻友からも「本人に送りつけますよ」とイジられ、「『いただきまゆゆ』とかそういうのがいい」と苦笑していた。

イベントではAKB48内でのLINEの使い方についてトークが行われ、高橋みなみは「メンバーやスタッフさんとグループを組んで20〜30人くらいの大所帯でやってます」と話し、松井玲奈は「ライブの打ち合わせや公演のMCの打ち合わせもグループLINEでやったりします」とLINEの活用法を紹介した。
また、高橋から「秋元先生もLINEのスタンプを送ってくる。めっちゃスタンプ持ってる」と秋元康総合プロデューサーの意外な一面が明かされる一幕も。

LINEのキャラクターでは“ムーン”がお気に入りという小嶋は、高橋から「(小嶋は)スタンプを連投するのが好き」と暴露されると、「スタンプのカリスマって呼ばれてます。面白いスタンプを探すのが得意」と自画自賛。高橋も「たしかに、にゃんにゃん(小嶋)きっかけでみんながそのスタンプをダウンロードすることがある」と頷いていた。

AKB48グループのLINE公式アカウントは明日5月1日よりスタート。スタンプの販売は総選挙後、夏以降を予定している。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top