アイドリング!!!コラボ10連発も 「東京アイドルフェスティバル2014」記者発表会

140502tif1

8月2日・3日に東京・お台場周辺エリアで開催される「東京アイドルフェスティバル2014」の記者発表会が2日、東京・渋谷のTSUTAYA O-EASTで行われた。

「東京アイドルフェスティバル(TIF)」は今回で5回目を迎える世界最大級のアイドルフェス。昨年は111組のアイドルが出演し、延べ33,000人のアイドルファンを動員した。

記者発表会にはアイドリング!!!の横山ルリカと伊藤祐奈をはじめとする出演者13組25名が出席。
今年5回目の出演となるアイドリング!!!の2人は同フェスの見どころについて「やっぱり普段は見られないコラボが魅力的。それぞれのファンの方に知ってもらえる機会になる」と説明。屋外でのステージも多いことから「ファンの方も水分補給はしっかりしてほしい」と暑さ対策を促した。

発表会では出席した各グループがそれぞれの意気込みや注目のポイントを紹介。
東北・仙台を拠点に活動しているDorothy Little Happyは「ターンがドロシーの魅力の1つなので注目してほしい」。昨年の出演時に雷雨に見舞われ、そのままライブが中止になった小桃音まいの今年の意気込みは「はらす」など、それぞれが個性的な回答を見せた。

男装ユニット・風男塾の青明寺浦正と瀬斗光黄の意気込みは「男にモテる」。TIFでは毎年女性アイドルから「写真撮ってください」と言ってもらえるが、その度に男性ファンから敵視されてしまうと嘆き、「今年は男性のファンの方と仲良くなりたい」と切望した。

関西から参戦するJK21の新垣桃菜と田中梨奈は、「うちらのステージでは『え?ここ関西ちゃうん?』って思ってもらえるような雰囲気を出していきたい」と、関東に合わせることなく、独自色を出していきたいと宣言。2人の関西弁を聴いていた横山ルリカは「うちの関西出身メンバーは下品なんですよ。(JK21は)品が良くて癒やされる」といって会場の笑いを誘った。

昨年に引き続き2回目の出演となるX21は「去年よりは成長した姿を見せて、ファンの輪を広げたい」と意気込み。「個々で女優やモデルとして活動しているので、そこで吸収した力や表現力を存分に出していきたい」と意欲を燃やした。

アイドリング!!!の意気込みは「“逆に”フレッシュ」。横山は「アイドリング!!!って、まだやってたんだって言われる」と自虐ネタを織り交ぜつつ、「新メンバーが加わって全員での初ライブが今回のTIFでのステージなので、年齢が下がってフレッシュになったところを見せたい」と説明した。
また、アイドリング!!!はこの日、「アイドリング!!!コラボ10連発」と題した様々なアイドル10組とコラボライブを行うことを発表。コラボをきっかけに他のグループに推し変される可能性を指摘されると、横山と伊藤は「気をつけないと」と気を引き締めていた。
コラボレーションするグループは、今後決定次第発表される。

「東京アイドルフェスティバル2014」には5年連続出演となるアイドリング!!!をはじめ、アップアップガールズ(仮)、X21、さくら学院、Dorothy Little Happy、PASSPO☆、LinQら38組の出演が決定しているが、この日第2弾出演者として新たに東京女子流、バニラビーンズ、ベイビーレイズ、つりビット、バクステ外神田一丁目ら33組が発表され、現時点で出演アイドルは71組となった。
発表会には第2弾出演者を代表してスルースキルズの西尾舞生と栗山夢衣がステージに登場。
ロンドンブーツ1号2号・田村淳発案による、“罵っていいアイドル”がコンセプトのスルースキルズは、「皆さんのストレスや怒りを私達にぶつけてほしい」と意気込みを語った。

なお、「東京アイドルフェスティバル2014」最速先行チケットが本日14時より受付を開始している。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top