綾瀬はるか、ルーブル美術館に“凱旋” 「万能鑑定士Q」パリプレミア上映会

映画『万能鑑定士Q』のパリプレミア上映会が5日(現地時間)、フランス・パリのルーヴル美術館で行われ、映画に主演した女優の綾瀬はるかと佐藤信介監督が舞台挨拶に出席した。

本作は累計400万部を突破している人気ミステリー「万能鑑定士Qの事件簿」シリーズを映画化。“モナ・リザ”に隠された謎と、贋作をめぐる陰謀に迫るミステリー作品で、日本映画として初めてルーヴル美術館での本格撮影が実施された。

高校までは学業万年最下位で劣等生だったが、豊かな感受性を活かした勉強法で驚異的な鑑定眼と記憶力を持つようになった“天才鑑定士”で、難事件に巻き込まれては次々と解決していく主人公・凜田莉子を演じた綾瀬は、舞台挨拶の壇上で本編でも披露したフランス語で挨拶。会場は暖かい拍手に包まれた。
今回の撮影で初めてパリを訪れたという綾瀬。「ルーヴル美術館の入口のところからピラミッドの迫力が凄くておおっ!と慄き、館内は絵画や像一つ一つにも見ごたえがあってそこで、撮影出来たのは夢のようなひと時でした」とロケを振り返り、「ルーヴルで撮影をさせてもらえて、また、このルーヴル美術館で上映ができて光栄だなと思います」と感謝の気持ちを述べた。

今回、綾瀬はルーヴル美術館で再び本物のモナ・リザと対面。また、レセプションパーティやフランスマスコミへの記者会見などにも参加した。
パリでの凱旋上映を終えて「ルーヴル美術館で上映をして、フランスの皆さんに喜んでもらえたのはとても嬉しい。皆さんが良い映画、印象に残る映画と観終わった方々の感想が良かったのは自信になった。こんなに受けいれられるとは思ってなかったので本当に嬉しいです」と喜び、「改めてルーヴル美術館の外観みて撮影は貴重な経験だったんだと思ったし、また来たいなと思いました。レセプションパーティは初めての参加でしたが、皆さんで近くの距離で感想を言い合うのが良いですね」と充実感たっぷりに語った。

また、映画を観たパリ市民からは「日本版『ダヴィンチ・コード』だと思う」「日本とフランスの交流にとってとても良い作品だと思います」との感想や「綾瀬はるかさんはフランスでもなかなかいない逸材の女優です」「最初から最後まで彼女の動向に惹きこまれました」といった綾瀬の演技を賞賛する声が聞かれた。

映画『万能鑑定士Q』は5月31日(土)全国東宝系にて公開。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top