ニコール・キッドマンがグレース・ケリー演じる「グレース・オブ・モナコ」10月日本公開

モナコ公妃グレース・ケリーの知られざる物語を描く「Grace of Monaco」(原題)が、『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』という邦題で10月に日本で公開されることが決定した。

本作は、人気絶頂でハリウッドを去りモナコ公妃となったグレース・ケリーが、公国の存亡の危機に決死の覚悟で手を添えた、知られざる世界史の1ページを描く感動の物語。
5月14日に開幕する2014年度、第67回カンヌ国際映画祭でオープニング作品としてのワールドプレミアが決定しており、世界中から注目を浴びている。

グレース・ケリーに扮するのは、『めぐりあう時間たち』でアカデミー賞を獲得したニコール・キッドマン。伝説のクール・ビューティを甦らせるのは、彼女しかいないと誰もが認める抜擢に見事に応え、美しさと気高さだけでない生身のグレースを演じ切った。
夫のレーニエ公には『海の上のピアニスト』のティム・ロス、歌姫マリア・カラスには『カルメン』のパス・ヴェガ、さらに『フロスト/ニクソン』のフランク・ランジェラなど演技派たちが顔を連ねる。
監督は、マリオン・コティヤールをアカデミー女優に押し上げた『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』のオリヴィエ・ダアンが務める。

STORY 


“世紀の結婚式”から6年経った1962年、グレース・ケリーは、いまだにモナコ宮殿のしきたりに馴染めずにいた。社交の場で女性が政治に意見するのは「アメリカ流」だと皮肉られ、夫のレーニエからも公の場では美しいだけの人形でいることを望まれる。
失意のグレースがヒッチコックからのハリウッド復帰の誘いに心を動かされたとき、レーニエは過去最大の危機に直面する。フランスのシャルル・ド・ゴール大統領が過酷な課税をモナコに強要、承諾しなければ「モナコをフランス領にする」という声明を出したのだ。
窮地のなかグレースは、自分にしかできない秘策を考え出す。外交儀礼の特訓を受けて、完璧な公妃の“役作り”に励み、ド・ゴールを含む各国の指導者を招いたパーティという“舞台”を用意。果たしてグレースが自ら書いた“脚本”のクライマックスとなる、運命を握るスピーチとは──?

グレース・オブ・モナコ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!


Top