HKT48が「AQUOS」プロモーションで動画対決 指原密着動画に「怒ってるシーンもあるかも?」

HKT48

HKT48指原莉乃、穴井千尋、朝長美桜、森保まどかが14日、都内で行われた「SHARP AQUOSスマートフォン」のキャンペーン発表会に出席した。

シャープ株式会社は、ディスプレイ面3辺の縁を細くした狭額縁デザイン「EDGEST(エッジスト)」を採用したスマートフォン「AQUOS」の新プロモーションにHKT48を起用。5月26日より各メンバーの動画コンテンツをWEB限定で毎週公開する。動画は各メンバーの特技や私服姿を撮影したもので、画面の縁が太いため全ての内容が見られない状態になっており、その中で最も見たい動画に選ばれたメンバーの動画だけが画面全体が見られる状態で後日公開されるという仕組み。

第一弾の「博多『特技』団、現る!」で特技のクラシックバレエを披露した穴井は、「狭いところで撮影したので大変でした。是非“推しポイント”を獲得して私の特技をしっかり見ていただきたい」とアピール。森保は「すごく楽しく撮影できたので、“推しポイント”をたくさんもらって是非見ていただきたいなと思います」。朝長は「カメラが近くてビックリしました。でもすごく楽しく撮影できました」と、それぞれ撮影を振り返った。
第5弾では指原に密着した「裏の裏まで見えたのか!?『指原莉乃』ここまで密着しました!」が6月23日より公開。指原は「枠が狭すぎて誰と会話しているのかわからないと思うので、ぜひポイントをいっぱいいただいて誰と会話しているのか見ていただきたい」とコメント。また、「コンサート中に密着してもらったので、もしかしたら怒ってるシーンとかもあるかも?」と、本動画でしか見られない貴重な内容となっているようだ。

「今見えてるものは全てじゃない」と題された本プロモーション。これにちなんで、今見てみたいものを聞かれたメンバーは「オーロラが見たい」(森保)、「草原に行きたい」(朝長)、「ブロードウェイでミュージカルが見たい」(穴井)と答え、最後に指原が「やっぱり総選挙2連覇の景色は誰も見たことがない景色なので、2連覇の景色が是非見たいですね」と話し、「使いやすいコメントをしてみました」と、おどけてみせた。

イベント後に行われた囲み取材では、メンバーが私服でオシャレ対決を繰り広げる6月2日公開の第2弾動画に言及。指原は「首元から腰までしか映らないので純粋に私服だけで選ばれるから絶対負けたくない」と気合十分。オシャレなメンバーに穴井を挙げ、「同じものを着ない」と明かすと、隣にいた穴井も「私も本当に負けたくない」と対抗心を燃やした。
また、穴井から「ださいイメージしかなかった」と言われた指原が「最初の頃はジャージで飛行機に乗ってたんですけど、秋元さんに『気をつけろよ』と遠回しに言われたので、最近はちゃんとしたの着てます」と明かして、はにかむ一幕も。

さらに、イベント中にも触れた総選挙2連覇について指原は「自信満々に『勝ちます!』って言いたいところなんですけど、近づくにつれてどんどん自信がなくなってる」と心境を吐露。「もし2連覇できなかったら?」と聞かれると、「あらためて自分のことを考えなおさなきゃいけないと思うので、2ヶ月くらい修行したい。滝に打たれて自分を見つめなおしたいと思います」と話し、周囲を笑わせた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top