スキマスイッチ、インターハイ応援歌で全国の高校生アスリートにエール

スキマスイッチ

スキマスイッチの新曲「夏のコスモナウト」が、7月26日(土)より開催される全国高等学校総合体育大会(インターハイ)の「インターハイ応援歌」に起用されることが20日、わかった。

スキマスイッチは、“青春時代の全力の汗を応援する”をテーマに「聴いた人の胸を熱くする楽曲を」という依頼を受けて、爽やかなミディアム・チューンを制作。
「強豪校でもなく実力者でもないのにインターハイを目指した高校生でした」と自身の高校時代を振り返る常田真太郎は「高校生たちの夏をほんの少しでも手助け出来たらいいなと思ってこの楽曲を作りました。出場する方はもちろん、応援する方も思い切りデカい花火を上げてください!」と選手たちにエールを送る。また、大橋卓弥は「皆さんの声援を僕らの歌に乗せて届けられるということでとても嬉しく思います!僕らも音楽でサポート出来たらいいなぁと思っています。」とコメントしている。

「夏のコスモナウト」は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイ.tv」(5月20日開始)から、インターハイ初となるインターハイ全競技ネット中継(7月26日開始予定)で使用される。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top