初の連覇狙う指原が暫定トップ 姉妹グループの躍進光る第6回AKB48選抜総選挙速報

昨日5月20日より投票がスタートした、AKB48の37枚目シングルの選抜メンバー及びカップリングメンバーを決める「AKB48 37thシングル 選抜総選挙(第6回AKB48選抜総選挙)」の途中結果を伝える速報が東京・秋葉原のAKB48劇場及び公式サイトにて発表された。


速報で1位となった指原莉乃(写真は昨年の総選挙)速報でトップに躍り出たのは昨年1位の指原莉乃。2位に1万票以上の差をつける37,582票を獲得した。
2位につけたのは25,283票を獲得した渡辺麻友。以下、松井珠理奈(23,012票)、柏木由紀(17,266票)と続き、昨年12位だった島崎遥香が5位(15,514票)に入った。
また、今回の速報では姉妹グループの躍進が光り、SKE48の松村香織と二村春香、HKT48の兒玉遥、森保まどかが初めて選抜(16位)圏内にランクインした。

なかでもファンを驚かせたのはSKE48チームSの二村春香。過去に参加した2012年、2013年の総選挙では圏外だった彼女が8,755票を獲得し、14位につけた。
昨年の総選挙では同じく過去2年間圏外だったSKE48の柴田阿弥が速報で8位に入って注目を集め、最終的に17位で終えたことから、二村が昨年の柴田のように今回の総選挙で上位に食い込む可能性が大いにある。

その他、AKB期待の若手として注目される小嶋真子が34位、フジテレビのバラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」で“センターバカ”に選ばれた川栄李奈が45位、乃木坂46からの交換留学生・生駒里奈が56位にランクインした。

昨年の開票イベント昨年に引き続き立候補制となった今回の総選挙にはAKB48、SKE48、NMB48、HKT48、さらに海外グループから、合計296名が立候補。
1位から16位までが37thシングルの表題曲を歌う選抜メンバーに起用されるほか、17位から32位までの16名が「アンダーガールズ」、33位から48位までの16名が「ネクストガールズ」、49位から64位までの16名が「フューチャーガールズ」、65位から80位までの16名が「アップカミングガールズ」としてシングルに参加することができる。

投票受付は6月6日15時まで。最終結果は締切翌日の6月7日に味の素スタジアムで行われる「AKB48 37thシングル 選抜総選挙 夢の現在地〜ライバルはどこだ?〜」で発表される。

AKB48 37thシングル 選抜総選挙 速報結果
http://www.akb48.co.jp/sousenkyo/37thsingle/sokuhou.php



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top