黒木メイサ、ポール・W・S・アンダーソン&ミラ・ジョヴォヴィッチ夫妻にうっとり「素敵な夫婦」

140526pompeii10

6月7日に公開される映画『ポンペイ』のジャパン・プレミアが26日、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、本作のポール・W・S・アンダーソン監督が、妻でハリウッド女優のミラ・ジョヴォヴィッチとともに登場。
西暦79年に火山の大噴火によって永遠に失われた都市・ポンペイを描く本作をイメージした“マグマ・カーペット”を、夫婦そろって闊歩した。



イベントにはゲストとして女優の黒木メイサも出席。舞台挨拶ではサンダーソン監督へ花束を贈呈し、夫妻について「本当に素敵な夫婦」と惚れ惚れしていた。
黒木は「火山の噴火のシーンが本当に迫力のある映像になっている。身分の違う者同士の恋愛も素敵でした」と作品を絶賛。「ポンペイの街並みがすごく綺麗で、どうやって撮影したのか気になった」と言うと、サンダーソン監督は「ポンペイはずっと灰に埋もれていたので、完全に姿が残っている。壁にかかっている絵画や床の模様、街の壁の落書きでさえ残っているので、それらをすべて再現しています。なので、あなたが見たのは本当のポンペイだと思っていただいて結構です」と自信たっぷりに答えた。

140526pompeii9ミラ・ジョヴォヴィッチはカーペットイベントにだけ参加し、舞台挨拶は客席最前列で鑑賞。
サンダーソン監督が火山の噴火シーンについて語っていると、客席のミラから「ポテトの話をしてよ」との催促が。妻に促された監督は「脚本の第一稿を読んだ専門家に『大体正確だけれど主人公がポテトを食べるシーンだけは違う』と言われた。じゃがいもがヨーロッパで食されるようになったのは、物語の舞台の1500年後だったんです」と、気恥ずかしそうに明かした。

MCから黒木を映画に起用することを薦められたサンダーソン監督は「美しい女性と仕事をするのが僕の仕事の楽しみでもあるわけですが、作品に出ていただくには銃を扱えるかというのもポイントです」と条件を提示。黒木が「バッチリですよ」と答えると、客席のミラから「採用決定ね」との声。ミラは「ポールは私の言うことを聞くから」と言って会場の笑いを誘った。
その後には、主演のキット・ハリントンのキャスティングの理由を聞かれたサンダーソン監督が「妻に言われたからです」と、おどける一幕もあった。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top