平井 堅、アコースティック・ライヴで観客魅了 「Ken’s Bar」15周年記念LIVE最終公演

Ken_Hirai_1

平井堅のアコースティック編成によるコンセプト・ライヴ「Ken’s Bar 15th Anniversary Special ! Vol.4」が、5月28日にさいたまスーパーアリーナで行われた。



これは、昨年5月から1年にわたって展開してきた「Ken’s Bar」15周年プロジェクトのファイナルとなる一夜限りのスペシャル公演。会場を埋め尽くした1万5千人のオーディエンスが平井堅の歌に酔いしれた。

Ken_Hirai_31曲目は、1970年代半ばに放映されていたTVアニメ「はじめ人間ギャートルズ」のエンディング・テーマ「やつらの足音のバラード」。アルバム『Ken’s BarⅢ』収録ヴァージョン同様、13人からなるストリングス隊を従えての披露だった。
通常、「Ken’s Bar」のライヴの楽器編成は、ピアノ、アコースティック・ギター、ベース、パーカッションなので、いきなりのサプライズであり、スペシャルだったというわけである。
そして、さいたまスーパーアリーナに集まった人数にかけて、「“1万5千個”のハートにぼくのソウルが突き刺さるように歌いたいと思います」と、さらにオーディエンスを喜ばせたあとに歌われたのは、平井堅が初めてシングル・チャート1位を獲得した2002年の大ヒット曲「大きな古時計」。
ここからはいつもの「Ken’s Bar」のスタイルに戻り、福山雅治の「家族になろうよ」はピアノ、ブラックビスケッツの「タイミング」はアコースティック・ギターと、ひとつの楽器をバックに、シンプルに歌が届けられていった。
圧巻は安室奈美恵との豪華コラボで注目を集めた「グロテスク」。ウッドベース1本のみでCDとはまったく異なるグルーヴを生み出し、そしてデュエットの相手はいなくとも、平井堅はひとりで見事なまでクールに、スリリングに歌い上げた。

Ken_Hirai_4その「グロテスク」をはじめ、映像作品としては最新となる「切手のないおくりもの」などのミュージック・ビデオが場内に流された休憩時間を挟んでの後半は、「いとしのエリー」でスタート。
なんの説明も要らないサザンオールスターズの大スタンダード・ナンバーで、平井堅が桑田佳祐の熱狂的ファンであることは広く知られている。「恐れ多くもカヴァーさせていただきました」と、アルバム『Ken’s BarⅢ』で採り上げたことをずいぶんと謙虚に語るMCが飛び出したが、愛情たっぷりに歌われたのはいうまでもない。

アンコールでは「かけがえのないわたしの歌を、みなさんの前で歌うことができて感無量です。ありがとうございます」と感謝の意を述べ、この「Ken’s Bar」のテーマソングともいうべき「even if」を自らピアノを弾きながら熱唱。
こうして「Ken’s Bar 15th Anniversary Special ! Vol.4」は幕を閉じた。つまり、昨年5月から1年にわたり、全国で展開してきたアニヴァーサリー・プロジェクトが終了したということである。
そして、5月29日に「Ken’s Bar」は16周年を迎える。本人は「単なる通過点です」と、今後も攻めの姿勢を忘れずに活動していくことをアピールしたが、はたして、これからの1年はどんな「Ken’s Bar」が展開されていくのだろうか。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

Tags

関連記事


Top