鈴木亜美と小室哲哉の再タッグが実現 珠玉のウェディングソング完成

小室哲哉&鈴木亜美

鈴木亜美の新曲を作曲家の小室哲哉が手掛けたことがわかった。



今年2014年は鈴木亜美がデビューして15周年。その締めくくりとして、デビュー曲「love the island」を手がけた小室哲哉と再びタッグを組み、まさに小室メロディーとも言える王道のミディアムバラードで、今の等身大の鈴木亜美を投影した楽曲「graduation」が完成した。

デビューから15年経ち、支えてくれた全ての人への感謝の気持ち「♡」を歌に込め、これまでの15周年の歩んで来た道を振り返ると共に、LOVEがあふれる6月「ジューンブライド」にかけ「ウェディング」をテーマに制作された珠玉のラブソング。
稀代のメロディーメイカー小室哲哉が作曲し、鈴木亜美本人が詞を書きおろした。

また、今回の配信限定シングルのジャケット写真は、スイーツデコの技術をアートに昇華させた第一人者「渡辺おさむ」によるLOVEが詰まった楽曲を象徴するSWEETな写真となっている。

「graduation」は配信限定シングルとして6月4日(水)より配信スタート。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top