市原隼人、監督業に意欲 「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア 2014」話題賞受賞

140609ssff40

俳優の市原隼人が9日、東京・渋谷のAiiA Theater Tokyoで行われた国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2014」のグランプリほか各部門の優秀賞を発表するアワードセレモニーに出席した。



アクションショートフィルム『Butterfly』を監督し、自身が主演も務めた市原は、本作で日本のショートフィルム文化の発展・普及に貢献した作品・人物に贈られる「話題賞」を受賞。

ショートフィルム初監督となった市原は、「初めて監督をやり、自分の中でたくさんの課題が残りました。反省する点もたくさんあります」と謙虚に話し、「それを糧にまた新たな作品を作り続けていきたいと思います」と、監督業へ意欲を燃やした。

授賞式の壇上では「足りない部分がありすぎます」と終始、反省しきりの市原。だが「それ以上にこの作品で得たものがたくさんあります」といい、「映画全体を通し、企画から入り、脚本を書き、映画の素晴らしさ、楽しさをまた改めて感じることができました」と、手応えも感じた様子。「1から監督の勉強をし、皆様の心に届く作品を作りたいと思います」と力強く語った。

「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 」は米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭で、今年で16回目の開催となる。
審査員は俳優の石坂浩二、映画監督の北村龍平らが務め、グランプリ作品にはインドネシアのヨセプ・アンギ・ノエン監督による『ホールインワンを言わない女』が選ばれた。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top