東京女子流、日比谷野音で4thツアーFINAL 今後の飛躍を宣言

9-5-IMGP3807

東京女子流の4th JAPAN TOUR 2014のツアーFINALが15日、日比谷野外大音楽堂にて行われた。


この野音のステージは、生バンドでのライブ構成。普段より東京女子流のレコーディングに参加しているギタリスト土方隆行を始めとし、ドラム渡嘉敷祐一、キーボード松田真人、ベース湯浅崇と、東京女子流の重厚なサウンドを再現できるバックバンドが揃い、主役の東京女子流がどんなパフォーマンスを見せられるか注目された。

冒頭影アナからの東京女子流メンバーの掛け声から、梅雨の最中とは思えない雲ひとつ無い晴天に恵まれた野音のステージに飛び出し、「ヒマワリと星屑」のギターカッティングからライブはスタート。
この「ヒマワリと星屑」は代表曲ながら、結成当初より東京女子流のボーカルをひっぱってきた「小西彩乃」が昨年より歌の調子を崩し、昨年の武道館よりその歌唱パートを別のメンバーが担当していた曲。その歌唱パートを、オリジナルのとおり小西彩乃が歌い出し、パフォーマンス。長く心配していたファンの歓喜の絶叫がライブ全体をヒートアップさせた。

1-6-IMGP3482この日、東京女子流メンバーは全員ダンスも歌も好調。リハーサル時期のメンバーのブログ等でも触れていた「バンドさんがすごすぎて、女子流も負けないようにしたい」というとおり、5人が最高のパーフォマンスを見せていき、終盤に「Limited addiction」でまたもや小西彩乃が元パートを歌い上げ、会場が最高潮となるとそのアレンジが曲中に別のアレンジバージョン「Limited addiction -Unlimited addiction Mirrorball Royal Mix-」に変化。オーディエンスは一気に熱狂に包まれた。

ライブ本編最後の曲の前に、この4thツアーよりメンバー内の役割変更で新リーダーとなった庄司芽生よりMCにて「(昨年の)3rdツアーでは体調不良などもあり自分達のメンタルの弱さを思い知らされました。(今回の)4thツアーでは自分達でステージを作らせてもらい、東京女子流とはどういうものなのかというのを改めて考えました。そして今ここまできて、新たなスタートを切ろうというメンバーの想いが詰まった曲」という説明で、正に昨年のある意味「挫折」となった3rdツアーのタイトルであった「約束」を歌唱。東京女子流はその長かった挫折からの1年を終え、復活と今後の飛躍を宣言。そこには、いままでの歌って踊る可愛い5人組のイメージとは明らかに違った、力強いアーティスト東京女子流5人の姿があった。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top