AKB48・木﨑ゆりあ、本格時代劇初挑戦 「柘榴坂の仇討」で町娘役

柘榴坂の仇討

AKB48の木崎ゆりあが9月20日公開の映画『柘榴坂の仇討』に出演することが17日、わかった。


『柘榴坂の仇討』は人気作家・浅田次郎が2004年に発表した短編集「五郎治殿御始末」に収められている同名の短編を、『沈まぬ太陽』など、大作でありながら人間ドラマを感動的に描く手腕で名高い若松節朗監督が映画化。
中井貴一が主演を務め、阿部寛、広末涼子、髙嶋政宏、吉田栄作といった豪華キャストが名を連ねるほか、中村吉右衛門が19年ぶりに映画出演を果たすなど、話題性抜群。

本作で木崎は居酒屋“ツル”で働く町娘のユキを演じる。中井演じる金吾の身を案ずる妻セツと共に働き、彼女を明るい笑顔で支える女の子という役どころ。
撮影では「普段の言葉使いとは全然違うところは難しくて、たくさん怒られました」という木崎。「その分たくさん学ぶ事があり、お芝居ももっと上手になりたいなと思いました」と、時代劇初挑戦に充実感をにじませた。

柘榴坂の仇討

あらすじ


安政七年(1860年)。彦根藩士・志村金吾(中井貴一)は、時の大老・井伊直弼(中村吉右衛門)に仕えていたが、雪の降る桜田門外で水戸浪士たちに襲われ、眼の前で主君を失ってしまう。両親は自害し、妻セツ(広末涼子)は酌婦に身をやつすも、 金吾は切腹も許されず、仇を追い続ける。時は移り、彦根藩もすでに無い13年後の明治六年(1873年)、ついに金吾は最後の仇・佐橋十兵衛(阿部寛)を探し出す。しかし皮肉にもその日、新政府は「仇討禁止令」を布告していた。「直吉」と名を変えた十兵衛が引く人力車は、金吾を乗せ柘榴坂に向かう。そして運命の二人は13年の時を越え、ついに刀を交えるが……。

柘榴坂の仇討


原作:浅田次郎(「五郎治殿御始末」所収 中央公論新社刊/新潮文庫刊)
監督:若松節朗
脚本:高松宏伸 飯田健三郎/長谷川康夫
音楽:久石譲
出演:中井貴一 阿部寛 広末涼子 髙嶋政宏 真飛聖 吉田栄作 堂珍嘉邦 近江陽一郎 木﨑ゆりあ 藤竜也 中村吉右衛門
©2014映画「柘榴坂の仇討」製作委員会
配給:松竹
公式HP:zakurozaka.com



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top