乃木坂46、ニューシングル特典DVDに総勢41名の個人PV収録 

乃木坂46の9枚目となるニューシングル「夏のFree&Easy」の特典映像に、メンバー41名による個人PVが復活することがわかった。


今回の個人PVでは、「時効警察」「インスタント沼」「俺俺」など数多くの映画監督を手掛ける三木 聡氏をはじめ、各界のクリエーター陣が乃木坂46の各メンバーのキャラクターに合わせて企画を考え監督を行った。

白石麻衣の作品は、もし自分が大学生で、バイト先に恋に落ちたら…というストーリー。白石の恋愛演技が見どころとなっている。
西野七瀬は、撮影中に「撮影されている人は何を考えているんだろう?」という疑問にフォーカス。西野のナレーションが独特の世界観を作り出す。
また、交換留学生として乃木坂46を兼任する松井玲奈の初となる個人PVは「16人のプリンシパル」に初めて参加する彼女を追ったドキュメント映像となっている。

乃木坂46「夏のFree&Easy」は7月9日発売。

10福神ダイジェスト映像


●秋元真夏
秋元の初!冠番組として「子ども番組」を作ったらこうなる!という企画。
歌あり、似顔絵コーナーありなど、どうしてもなついてくれない子供もいたりと大変な撮影となった。

●生駒里奈
東京ガス「ミスティ」などを手掛けるCMプランナー岡野草平氏がディレクション。うさぎに噛まれて、すごいジャンプ力を身につけてしまったら…という話。撮影日が猛暑の日で、熱さが厳しい中何度も繰り返ししたジャンプに注目。

●桜井玲香
映画監督三木聡氏が構成。
「ほとんど役にたたない映像のお芝居サンプル」集というのがあったら…という物語で、そんなシチュエーションで撮っても全く意味が無い!という演技のサンプル映像集。

●白石麻衣
もし白石が大学生で、バイト先に恋に落ちたら…という話。表情をみせる芝居が多く、白石麻衣の恋愛演技に注目。

●西野七瀬
撮影中に「撮影されている人は何を考えているんだろう?」という作品。衣装について、そこから飛躍して食べたいもの…など、西野らしいナレーションが入り、本人のパーソナルが垣間見れる。

橋本奈々未
3時間でジャッキーチェンにどれくらい近づけるか?のアクションムービー。監督はベルリン国際映画祭で最優秀新人監督賞を受賞した熊坂出氏。アクションの専門家からの指導の元、3時間の練習でどのくらいジャッキーに近づけるのか?

●深川麻衣
忙しい私が2人いたらいいなー、というのを実現してみた短編。いるはずのないもう1人の自分が、普段の生活にどうやって入ってくるのか?が描く。1人二役なので、着替えて撮影、着替えて撮影を30回以上繰り返し撮影を実施。

●松村沙友理
超能力映画の主演になった時の予告編、という体での話。シティ・ハンターやジョジョの奇妙な冒険の原画など様々な作品を手掛けるアニメーター吉田徹氏が監督。監督そして、松村の出身地でもある大阪で撮影を実施。

●松井玲奈
「16人のプリンシパル」に初めて参加する松井玲奈のドキュメント。初めて舞台に出るという松井玲奈を追った映像。

●若月佑美
同居人から見た若月の日常はどんな風に見えているのか?を表現。若月の落ち込んだ姿や、普段の生活を垣間見れる人間ドラマ仕立て。

個人PV監督一覧


●初回仕様限定(CD+DVD盤)Type-A
■生駒里奈×岡野草平・瀧由理子  ■衛藤美彩×山本ワタル
■高山一実×山崎連基       ■中田花奈×ナカバヤシジュン
■永島聖羅×中島望        ■西野七瀬×岡川太郎
■樋口日奈×最首英也・辻中輝   ■深川麻衣×山田篤宏
■星野みなみ×宮川慶大      ■大和里菜×張間純一
■和田まあや×谷口功・和田大輔  ■研究生×山田篤宏 Part1

●初回仕様限定(CD+DVD盤)Type-B
■伊藤寧々×tangent       ■伊藤万理華 ×関和亮
■川後陽菜×YUKIO-BU       ■齋藤飛鳥×青山裕企
■斎藤ちはる×田口田       ■斉藤優里×山岸聖太
■桜井玲香×三木聡        ■白石麻衣×丸山健志
■橋本奈々未×熊坂出       ■畠中清羅×志真健太郎・武田さとみ
■堀未央奈×秋葉陽児       ■研究生×山田篤宏 Part2

●初回仕様限定(CD+DVD盤)Type-C
■秋元真夏×平野奈央・泉田尚美  ■井上小百合×頃安祐良
■川村真洋×大石健弘       ■北野日奈子×古城智大・植田正行
■新内眞衣×笹川真        ■中元日芽香×月田茂・山本篤彦・柴谷麻衣
■能條愛未×岡部潤        ■松井玲奈×竹前光昭
■松村沙友理×吉田徹       ■若月佑美×中村太洸
■研究生×山田篤宏 Part3



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでTOKYO POP LINEをフォローしよう!

関連記事


Top